【相談無料】名古屋で債務整理経験豊富な弁護士なら【名古屋】債務整理相談室

受付時間:平日:9時~21時 / 土日祝:9時~18時

12月31日~1月3日は除く。また大型連休中の休業や臨時休業もございます。

0120-150-043 お問い合わせ

【名古屋】債務整理相談室

運営:弁護士法人心

0120-150-043
メールお問い合わせ

【名古屋】債務整理相談室TOP >  自己破産 >  自己破産すると銀行口座は凍結するって本当?

自己破産する際に銀行口座を凍結させない方法とは

  • 「自己破産すると銀行口座は凍結するって本当なの?」

通帳

銀行から住宅ローンやカードローンを組んでいる場合は、自己破産すると、その銀行で開設していた口座が凍結され、残高は返済に充てられます。

そして凍結された後は、しばらくの間、使用することができなくなるので、注意が必要です。

今回は自己破産すると銀行口座は凍結するのか?という疑問について詳しく解説してまいります。

0120-150-043 お問い合わせ

自己破産をすると銀行口座は凍結になるのか?

自己破産すると、預金口座が凍結されて、利用することができなくなる場合があります。もっとも、場合によっては銀行口座が凍結しない場合もあります。

自己破産で銀行口座の凍結が起こるケース

自己破産により銀行口座が凍結されるケースは、その銀行からの借入をおこなっている場合に限られます。例でいうと、三井住友銀行の口座があり、また融資なども受けており、借金が残っている状態で自己破産すると、その預金口座も凍結される訳です。

また、もし預金口座にお金が残っているのならば、そのお金は「相殺」として、借金の返済に充てられます。

一方で、三井住友銀行には口座があるだけで融資を受けている訳ではなく、他のカード会社からお金を借りて自己破産する場合はどうなのでしょうか?

その場合は、口座が凍結されることはありません

あくまでも、銀行口座をもっている金融機関から借金がある場合のみ、凍結や相殺が起こるのです。

銀行口座の凍結と解除のタイミングは?

ちなみに、銀行口座が凍結・相殺されるタイミングはいつなのでしょうか?
それは、弁護士が依頼を受けて、銀行を含むカード会社各社に「受任通知」を送付し、それが銀行に届いた時です。

受任通知を受け取った銀行は、口座を即座に凍結して、口座に入っているお金を借金の返済に充てます。

それでも返済額に足らない場合は、銀行は保証会社に返済を受けます。保証会社からの返済が終わると、銀行口座の凍結も解除されます。通常は、2ヶ月ほどで凍結が解除されます。

相殺後に口座に振り込まれたお金は?

受任通知を受けての口座の凍結・相殺後、その口座に給料などのお金が振り込まれた場合は、どうなるのでしょうか?
そのお金は、再度相殺されることなく、そのまま預金として残ります

銀行口座は凍結されずに差し押さえられるケース

もし、銀行からの借金がなくても、銀行口座が凍結され、預金が相殺されてしまう場合があります。それは、預金口座に20万円以上入っている場合です。

破産手続きを進める上では、あなたにどのような財産があるのか調査して、財産があれば処分、換金してカード会社への配当に充てなければなりません。この換金対象となる基準は「20万円以上の財産価値があるもの」です。

したがって、銀行口座に20万円以上入っているのであれば、破産管財人が口座のお金を没収して、カード会社へ配当することになるのです。

他方、この預金が生活に必要不可欠であると見なされた場合は、「自由財産の拡張」により、そのまま所有が認められることもあります。

破産手続き中に銀行口座は開設できる?

ちなみに、破産手続きをおこなっている最中に、銀行口座を新規開設することは可能なのでしょうか?
結論、可能です。なぜなら、口座を開設することに、信用情報の審査などは要らないからです。

もっとも、すでに借入をしている銀行で開設しても、すぐに凍結されることになるので注意が必要です。

破産手続きが済んで免責が確定した後なら、借入をしていた銀行でも口座を作ることに問題はありません。

家族の銀行口座に影響はないのか?

自分が自己破産すると家族の銀行口座にも、悪影響が及ぶのではないか?と不安になる人も少なくないようです。

しかし、あなたが自己破産したとしても、あなたの家族の銀行口座には、何の影響もありません

自己破産による影響や措置は、各個人の問題として、別々に扱われます。あなたが自己破産したからといって、家族や親族の口座まで凍結されたり、相殺されて返済に充てられるようなことは起こりません。

破産で銀行口座を凍結されない為の対策

ここでは、自己破産の手続きによる、銀行口座の凍結の対策について、解説いたします。ポイントは以下、
① 公共料金や定期引き落としの口座を変更
② 給料や年金などの振込先口座の変更
③ 予め預金を引き落としておく

公共料金や定期引き落としの口座を変更

電気代や水道代など、公共料金の引き落としに利用している口座は、あらかじめ別の口座に変更する手続きをしましょう

変更が済んでいない状態で凍結されてしまうと、振込みや引き落としができないまま、解除されるまで待たないといけない状態になります。(解除までは2ヶ月ほどかかります)

給料や年金などの振込先口座の変更

もし凍結されるかもしれない口座に、給料が振り込まれていたり、各種手当て、年金などを受給しているのであれば、別の口座に変更しましょう。

もし破産直前に、年金や手当てが振り込まれて20万円以上になってしまったら、差し押さえの対象となります。またその後、凍結されてしまった場合、受給を受けても、お金を引き出せなくなってしまいます。

このように、いらない損をすることになるので、破産手続き前に、受給している口座を別の口座に変更しておく必要があるのです。

予め預金を引き落としておく

銀行口座が凍結されると、相殺される恐れがあるので、破産手続きの前に、口座の預金は全部引き出しましょう。

なお、自己破産では99万円以下の現金は所持してもよいことになっています。(ただし、この費用を生活費や自己破産費用以外の用途で使うことはNGです)

また、高額な買い物をしたりすると、免責不許可事由にされることもあるので、注意しましょう。自己破産前に口座から引き出したお金の用途については、慎重に判断しましょう。

まとめ

以上、いかがでしたでしょうか?

自己破産すると銀行口座は凍結するのか?という疑問について、詳しく解説してまいりました。

もし、口座を開設している銀行で借入をしている場合は、破産手続きをすると凍結されることになるので、注意が必要です。

また、預金が20万円以上あると、差し押さえの対象となるので、予め引き落としすることを忘れないでください。

いったん、銀行口座が凍結されると、約2ヶ月間、使うことができません。給与振込みや年金受給などがあると、引き落としができず不便となります。

破産手続き前までに、必ず振込み口座の変更をしましょう。

  • 自己破産の受任通知が届いたタイミングで、銀行口座は凍結・相殺される
  • 凍結・相殺の対象は、お金を借りている銀行の預金口座のみ
  • 自己破産の手続き中でも、銀行で新しく預金口座を開設できる
  • 自己破産しても、家族の銀行口座には何の影響もない

【名古屋】債務整理相談室では
無料相談実施中!!

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)の無料相談・ご依頼は以下よりお電話・メールにて承っております。メールの場合は24時間受けつけておりますので、お気軽にご利用ください。

電話受付は下の番号をクリック

0120-150-043

受付時間 平日 :9時~21時
土日祝:9時~18時
※夜間・土日祝相談可
定休日 12月31日~1月3日
※また、大型連休中の休業や臨時休業もございますので、詳細は心グループニュースをご覧ください。
住 所 弁護士法人心(本部)
〒453-0015
名古屋市中村区椿町14-13 ウエストポイント7F

弁護士法人心名古屋みなと法律事務所
〒455-0055
名古屋市港区品川町2-1-6 イオンモール名古屋みなと4F

関連記事

電話相談ダイヤル 0120-150-043
債務整理の無料メール相談

メニュー

債務整理
任意整理
自己破産
過払い金

運営事務所

弁護士法人心(本部)
〒453-0015
名古屋市中村区椿町14-13
ウエストポイント7F

弁護士法人心(本部)の地図

弁護士法人心名古屋みなと法律事務所
〒455-0055
名古屋市港区品川町2-1-6
イオンモール名古屋みなと4F

弁護士法人心名古屋みなと法律事務所の地図

【相談無料】名古屋で債務整理経験豊富な弁護士なら【名古屋】債務整理相談室

受付時間:平日:9時~21時 / 土日祝:9時~18時

12月31日~1月3日は除く。また大型連休中の休業や臨時休業もございます。

0120-150-043 お問い合わせ
© 2020 【名古屋】債務整理相談室
弁護士法人心(愛知県弁護士会所属) 代表弁護士 西尾有司