【相談無料】名古屋で債務整理経験豊富な弁護士なら【名古屋】債務整理相談室

受付時間:平日:9時~21時 / 土日祝:9時~18時

12月31日~1月3日は除く。また大型連休中の休業や臨時休業もございます。

0120-150-043 お問い合わせ

【名古屋】債務整理相談室

運営:弁護士法人心

0120-150-043
メールお問い合わせ

【名古屋】債務整理相談室TOP >  自己破産 >  自己破産しても車を手元に残しておくことはできる?

自己破産すると車を手放す可能性大だが残しておく方法もある

  • 「自己破産をするとどんな状況でも車を没収されるの?」
  • 「自己破産をしても車を残す方法はあるの?」

自己破産とは、あなたの財産と引き換えに、カード会社(クレジットカード会社・消費者金融・銀行)からの借金を0にできる債務整理のことです。

この財産には、車も含まれるわけですが、100%車を没収されるかというとそんなわけでもありません。

それでは、自己破産をしても手元に残すことができる車・手放す必要のある車を残すための方法などを説明していきましょう。

0120-150-043 お問い合わせ

自己破産で車を手放す必要がある理由

自動車

自己破産は、裁判所に認められれば借金が0になる非常に強力な債務整理です。

しかし、自己破産をしたことで単にあなたの借金が0になるだけでは、カード会社は貸し倒れとなり不平等な状態がでてきます。

そこで、あなたの財産を没収し、換金したうえでカード会社に分配することで、少しでもカード会社の損益を減らすために、財産の没収という過程があるのです。

没収の対象となる財産は、20万円以上の価値があるもので、現金はもちろん、住宅や車、株、腕時計・宝石などの高級品等を指します。

財産の没収とカード会社への配当をすることを「破産」と呼ぶことに対し、残りの借金をゼロにすることを「免責」と呼び、自己破産は、これら2つの手続きが1組となっています。

車が没収されるかどうかは「名義」に依存

あなた名義の車であれば、私用でも業務用でも没収の対象になります。

一方で、あなたが自己破産をしても、あなた以外のご家族名義の車は没収されることはありません。

ご家族のいる方の場合、ご両親、奥様、ご兄弟など家族名義の車をあなたが日常的に使用していることもあるでしょう。

このような場合、仮にあなたが自己破産をしても、ご家族の財産に影響を与えることはないため、この車が没収されることは無いということです。

つまり、あなたを含めたご家族全員が、自己破産後もその車に乗り続けることができます。

ただし、名義は他の人であっても明らかにあなたが購入したと判断される場合には、あなたの財産とみなされ、没収されてしまうことがあります。例えば、専業主婦など明らかに車を購入できるような収入のない方の名義の車である場合、「実質夫が購入したもの」とみなされ、夫の自己破産の折に一緒に没収されてしまうこともあるわけです。

車のローンが残っていてもいなくても没収される

自己破産を行うと、あなた名義で購入した車はローンが残っていても、残っていなくても没収対象になります。

個人再生では、ローンが残っていなければ手放す必要は無いのですが、自己破産では、ローンの有無は関係ないということです。

没収された車の行き先は、ローンが残っているか、残っていないかによって異なります。

車のローンが残っている場合

車のローンでは、ローン会社が担保権を持ち、自動車を買うための資金を貸し出す代わりに、購入した車そのものを担保に指定します。

担保に入れられた車は、あなたがローンの返済ができなくなると、ローン会社によって没収され、ローン残高の返済に充てられます。

自己破産をすると、ローンの返済ができない、ということで車はローン会社に没収され、お金に換えられローンの残高に充てられます。

それでも足りない分は、免責(ゼロになる)されるということです。

例えば、車ローンの残高が200万円あったとし、ローン会社によって没収・換価されて120万円だったとしましょう。

すると、80万円が足りないわけですが、この80万円がゼロになるというわけです。

ローンが無い車の場合

ローンが無い車(ローンを支払い終わっているor一括で購入している)を持っている場合、その車の価値によって没収されるか、されないかが異なります。

自己破産をしたタイミングでの車の市場価値が20万円以上である場合、原則として、あなたの現金・家・株などの財産と一緒に車も没収・売却されたのち、各カード会社への返済に充てられます。

一方で、市場価値が20万円以下であった場合、没収するほどの価値がないと判断され、車は没収されず、あなたの手元に残すことができます。たとえば、あなたの乗っている車が10年以上乗りつづけている普通車や、5年以上乗りつづけている軽自動車・事業用の車などであると、評価額が低く、手元に残せられる可能性が高いでしょう。

自己破産をしても自動車を残すためには?

自己破産をしても、お仕事や介護などの理由でどうしても車が必要な方もいるでしょう。

以下では、自己破産をしても車を手元に残すための手段について紹介していきましょう。

車のローンが残っている場合

車のローンが残っている人の場合、「第三者弁済」によって車を手元に残せる可能性があります。

第三者弁済とは、ご家族などあなた以外の第三者があなたのローンを肩代わりし、支払うことをいいます。

第三者弁済は、第三者が一括で弁済をするのでなければ、第三者に対するローン審査が必要となり、ローン会社によるローン返済者名義変更の許可が必要です。

しかし、第三者弁済を行なって車を残したとしても、その車の価値が20万円以上であれば、自己破産の際にその他の財産と一緒に没収されてしまいます。

そのため、20万円以上の価値が見込まれる車は第三者弁済をしても残せないということになります。

つまり、ローンが残っている20万円以下の価値の車は、第三者弁済をしてもらうことによって、手元に残せるということです。

ローンが無い車の場合

車にローンが無い場合、裁判所に「この方の生活には車が必要である」と認めてもらうか、裁判所を通じて売却した車を家族に買い取ってもらうことで手元に残せる可能性があります。

「介護の必要な家族がいる」「あなた自身がご高齢で通院に車が必要である」など、どうしても車が必要な理由が複数重なっている場合、裁判所が「この人の生活には車が必要」と判断し、20万円以上の価値がある車であっても例外的に持ち続けられる可能性があります。

このように、本来没収されるべき財産の没収を免除することを「自由財産の拡張」といい、このような事情がある場合には、裁判所に申告するようにしましょう。

自己破産の前に注意したいポイント

自己破産をする前に、車を没収される前に自分で処分しようと考える人もいることでしょう。

しかし、自己破産前の車の処分は可能ですが、注意が必要です。不注意に行うと、財産隠しをしたなどと疑われることで「免責不許可事由がある」と判断され、場合によっては自己破産を認められないことがあります。

自己破産前に所有者名義を変える

自己破産をしても家族の財産に影響を与えることはないため、自己破産の前に車の所有者名義をあなたから家族に変更し、車の没収を避けるいう考えがあります。

しかし、これを行うと、自己破産をする際に、裁判所からあなたが財産を隠したとみなされ、自己破産が認められない可能性があります。

車のローンだけを自己破産前に完済しようとする

自己破産では、20万円以下の財産は没収されずに手元に残すことが出来ます。

そのため、ローンが残っている車に対し、自己破産前にローンを払いきるということが考えられます。

ローンを払いきった車の価値が20万円を超えている場合は、もちろん没収対象になりますが、ローンを払いきった車の価値が20万円以下の場合、手元に残せるのではないかということです。

しかし、自己破産では「債権者平等の原則」に従い、それぞれのカード会社に対して平等に返済をしなければなりません。

そのため、車を残すために車のローンだけを前もって完済しようとすることは、残高がたった数万円であったとしても、免責不許可事由に該当し、自己破産が認められなくなる可能性があります。

このように、特定の借金だけを返済する行為のことを偏波弁済といい、免責不許可事由になりますので、やめておきましょう。

市場価値より安く車を売却する

自己破産前に市場価値を下回る金額で車を売ってしまうと、財産隠しとみなされ、自己破産が認められなくなることがあります。

仮に、あなたが親族に1万円などの極端に安い額で売却したとしましょう。

売却すると、名義はあなたではなく購入した親族になります。

つまり、自己破産の財産処分の対象から除外されます。

しかし、売却後もあなたは車を使用し続けることができますよね。

適切な市場価値で売却をした上で、あなたが使用するのであれば問題ないのですが、安い額であれば、所有者名義を変更したことと変わらないということです。

1万円とかであれば、手渡しで返せる額ですしね。

このように、財産隠しを規制するため、市場価値より安く車を売却することに裁判所は敏感になっているのです。

車だけでなく他の財産でも同様のことが言えるでしょう。

まとめ

  • 自己破産をすると以下の条件に当てはまる車は失うことになる
  • ・自己破産をした本人名義の20万円以上の価値がある車
    ・ローンが残っている車

  • 自己破産をしても車を手元に残せる場合
  • ・残っている車のローンを第三者に支払ってもらった場合
    ・ローンがない車は生活に必要であると裁判所に判断された場合

  • 自己破産前の車に対する注意点
  • ・車の所有者名義を変更しない
    ・車ローンのみを一気に返済しようとしない
    ・市場価値より安く自動車を売却しない

【名古屋】債務整理相談室では
無料相談実施中!!

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)の無料相談・ご依頼は以下よりお電話・メールにて承っております。メールの場合は24時間受けつけておりますので、お気軽にご利用ください。

電話受付は下の番号をクリック

0120-150-043

受付時間 平日 :9時~21時
土日祝:9時~18時
※夜間・土日祝相談可
定休日 12月31日~1月3日
※また、大型連休中の休業や臨時休業もございますので、詳細は心グループニュースをご覧ください。
住 所 弁護士法人心(本部)
〒453-0015
名古屋市中村区椿町14-13 ウエストポイント7F

弁護士法人心名古屋みなと法律事務所
〒455-0055
名古屋市港区品川町2-1-6 イオンモール名古屋みなと4F

関連記事

電話相談ダイヤル 0120-150-043
債務整理の無料メール相談

メニュー

債務整理
任意整理
自己破産
過払い金

運営事務所

弁護士法人心(本部)
〒453-0015
名古屋市中村区椿町14-13
ウエストポイント7F

弁護士法人心(本部)の地図

弁護士法人心名古屋みなと法律事務所
〒455-0055
名古屋市港区品川町2-1-6
イオンモール名古屋みなと4F

弁護士法人心名古屋みなと法律事務所の地図

【相談無料】名古屋で債務整理経験豊富な弁護士なら【名古屋】債務整理相談室

受付時間:平日:9時~21時 / 土日祝:9時~18時

12月31日~1月3日は除く。また大型連休中の休業や臨時休業もございます。

0120-150-043 お問い合わせ
© 2020 【名古屋】債務整理相談室
弁護士法人心(愛知県弁護士会所属) 代表弁護士 西尾有司