【相談無料】名古屋で債務整理経験豊富な弁護士なら【名古屋】債務整理相談室

受付時間:平日:9時~21時 / 土日祝:9時~18時

12月31日~1月3日は除く。また大型連休中の休業や臨時休業もございます。

0120-150-043 お問い合わせ

【名古屋】債務整理相談室

運営:弁護士法人心

0120-150-043
メールお問い合わせ

【名古屋】債務整理相談室TOP >  自己破産 >  自己破産で家族に与えうる悪影響とは?

自己破産すると家族へはどのような影響があるか?

  • 「自己破産で家族に与えうる悪影響は何だろう?」

家族

自己破産を考えている人にとって、自己破産により家族にどんな悪影響が及ぶのか?は大きな懸念点となります。

先に結論を述べると、自己破産すると家族には少なからず影響があります。

のみならず、家族には自己破産前にきちんと説明するべきです。

それを怠ると、家族間の不和などが生じかねません。

今回は、自己破産で家族に与えうる悪影響とは?について、詳しく解説いたします。

0120-150-043 お問い合わせ

自己破産を行うと家族に及ぶ影響は?

自己破産を行ったからといって、家族に何かしらの悪影響はあるのでしょうか?少なくとも、家族が何らかしらの法的な制限をかけられるようなことは、ありません。

それでも影響がないとはいえないので、注意が必要です。

下記にて、自己破産と家族への影響の関係について、解説いたします。

家財道具を奪われる訳ではない

自己破産の家族への影響を考えるとき、もっとも影響が大きいのは自宅の売却でしょう。

自己破産の場合では、家を手放さないといけませんが、売却までは住み続けてもかまいません。

また、家財道具や電化製品に関しては、自己破産でも差し押さえが禁止されているので、使い続けることができます。

なお、どうしても家を手放したくない、ということであれば任意整理、個人再生を検討しましょう。

賃貸なら住み続けられる

自己破産後に賃貸アパート住まいだった人は、退去を命じられるという話があるのですが、現在ではそれはありません。

以前の民法では、賃貸の貸主は、借主が自己破産すると、それを理由に契約解除ができましたが、現在はその規定はなくなっています。

破産手続き後も、きちんと家賃の支払いを続けていけば、入居は継続可能です。

他方、もし自己破産して家を手放した場合はどうでしょうか?

その場合は、賃貸に変更するしかありませんが、自己破産後は、保証会社の審査には通らなくなります。

保証会社不要の賃貸を探しましょう。

今のところ、自己破産後に住める賃貸は、「低所得層向けの公営団地」か、「保証人が不要のUR」となります。

子供のライフイベントへの影響は?

ちなみに自己破産をした場合、子供の進学や就職、結婚などに悪影響はないのでしょうか?

先に結論を述べると、影響はありません。

進学については、子供の学力で判断されるものなので、学校側が、家族の自己破産を理由に入学を断ることはありえません。

就職についても、官民問わずどのような業種についても、家族の自己破産を理由に、就職を断られるようなことはありません。

また子供の結婚にも、影響が出ることはありません。

あなたのものですら、戸籍や住民票に自己破産に関する記録が記載されることはないので、子供の結婚相手にバレる可能性はほとんどありません。

家族の信用情報にも悪影響はない

家族が自己破産をしたとしても、法律的に、それは個人の問題として扱われます。

その為、借金やローンの審査についても、家族に悪影響が及ぶことはありません。

たとえば、信用情報は個人単位で作成されているものですので、家族の誰かの信用情報に事故情報が記録されたとしても、他の家族の信用情報も傷つくことはありません。

したがって、自己破産をしたからといって、その家族ががローンを組めなくなることはありません。

ローンの審査では、本人がブラックリストに載っていなければ、問題ないからです。

家族との同居の場合は影響がある

上記でも説明した通り、あなたが自己破産を行っても、あなたの家族がブラックリストに載ることはありません。

ただし、あなたと家族が同居している場合は、家族がクレジットカードを作ったりローンを組んだりすることが難しくなるケースがあります。

というのも、信用情報は事故情報のある人と同じ住所や姓名の人が、カードやローンの申請をしてきた場合に、「申込者が債務者と生計を一にする家族」である場合を考慮するからです。

そうなると、審査がシビアになるなどの、影響が考えられるのです。

ただ、住んでいる住所が違えば家族とみなされる可能性は低くなります。

ですので、家族がカードやローンを組む際は、別居するのがもっとも有効な対策です。

自己破産について家族へ説明するべき?

自己破産する人の中には、「なるべく家族には秘密裏に破産手続きを行いたい」という人もいます。

もっとも、自己破産を家族に内緒でおこなうことは、きわめて難しいです。

もし、家族への説明や対応を怠ったまま、自己破産をすると、後になって家族との関係悪化にもつながりかねません。

自己破産前に、家族に説明すべきポイントを整理すると、
①自己破産すること
②自己破産のメリットとデメリットの説明
③自己破産にかかる費用の説明
④今後の生活プラン
...の4つです。

家族への説明のやり方はどうすればいい?

自己破産をしなければならない程の借金を抱えていたことを、いきなり知らされたら、家族でもショックをうけるでしょう。

もし、今までずっと内密にしていたのであれば、まずは誠心誠意、謝罪するべきです。

また、可能であれば、説明をする前に弁護士や司法書士と相談して、自己破産のことや、家族への説明や対応のやり方について、アドバイスを受けるべきです。

自分で説明する自信がないなら、専門家も同伴のうえで、家族に説明しましょう。

自己破産したら家族に請求や支払い義務があるのか?

自己破産をした後、、カード会社が家族に対して取立てをするのではないか?と心配する人も少なくないのですが、保証人でもない家族や親族に、借金を肩代わりする義務はありません。

しかし一方で、性質の悪いサラ金などの場合は、家族や親族に迷惑な取立てをおこなうケースがあるようです。

家族に肩代わりして貰うように促すのは違法行為

借金の契約は、あなたとカード会社との間で締結するものです。

いくら家族や親族だからといっても、何の関係もありません。

むろん、保証人が付いていれば話は変わりますが、それは家族に限らず他人であっても同じことです。

カード会社が、保証人でもない家族や親族に対して借金の督促をしたり、取立てをおこなうことは、違法行為です。

これは意外と知られていないので、しっかりおさえておきましょう。

カード会社からの違法な取立てへの対応

もしカード会社が、家族や親族に対して、違法な取立て行為をおこなった場合は、どうすればよいのでしょうか?

まず考えられるのが、「貸金業法21条違反です」という旨の、内容証明を郵便で送り、カード会社に警告することが挙げられます。

さらに、弁護士や司法書士に相談して、介入してもらえば、ほぼ間違いなく解決します。

その他にも、金融庁に苦情を申し入れる、というやり方もあります。

近年、金融庁は違法な取立てに厳しく対処しています。

それでも家族や親族への迷惑な取立てをやめないようでしたら、刑事告訴に踏み切りましょう。

無断で家族に保証人にされていた場合は?

例えばもし、家族や親族が、勝手にあなたを保証人として借金の契約して自己破産した...というケースでは、どう対処すべきでしょうか?

このようなケースでは、保証契約があるので、カード会社も正面からあなたに対して、借金の肩代わりを要求してくるでしょう。

ただし、無断で保証人として契約する行為は、法律上、無効です。

したがって、そのような状況下では、肩代わりする必要はありません。

逆に、一度でも肩代わりで返済してしまうと、返済義務が発生してしまうので、絶対にカード会社に支払ってはいけません。

まとめ

以上、いかがでしたでしょうか?

自己破産をすると、家族へ影響があります。そのせいで家族の関係が悪化する可能性も、十分にありえるでしょう。

なので、自己破産をする前に、家族へしっかりと説明をして、自己破産後もアフターケアをすることが大切です。

家族への説明や対応のタイミングを間違えると、取り返しがつかないことにもなりかねません。

自己破産での家族への影響が心配な人は、早めに弁護士や司法書士に相談してください。

  • 家財道具や電化製品に関しては、自己破産でも差し押さえが禁止されているので、使い続けることができる
  • 自己破産しても子供のライフイベントには影響はない
  • 破産後も家族が同居している場合は、家族がクレジットカードを作ったりローンを組んだりすることが難しくなるケースがある
  • 破産後、カード会社が保証人でもない家族や親族に借金の肩代わりをするように促してきたら、法的な手段で対抗すべき

【名古屋】債務整理相談室では
無料相談実施中!!

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)の無料相談・ご依頼は以下よりお電話・メールにて承っております。メールの場合は24時間受けつけておりますので、お気軽にご利用ください。

電話受付は下の番号をクリック

0120-150-043

受付時間 平日 :9時~21時
土日祝:9時~18時
※夜間・土日祝相談可
定休日 12月31日~1月3日
※また、大型連休中の休業や臨時休業もございますので、詳細は心グループニュースをご覧ください。
住 所 弁護士法人心(本部)
〒453-0015
名古屋市中村区椿町14-13 ウエストポイント7F

弁護士法人心名古屋みなと法律事務所
〒455-0055
名古屋市港区品川町2-1-6 イオンモール名古屋みなと4F

関連記事

電話相談ダイヤル 0120-150-043
債務整理の無料メール相談

メニュー

債務整理
任意整理
自己破産
過払い金

運営事務所

弁護士法人心(本部)
〒453-0015
名古屋市中村区椿町14-13
ウエストポイント7F

弁護士法人心(本部)の地図

弁護士法人心名古屋みなと法律事務所
〒455-0055
名古屋市港区品川町2-1-6
イオンモール名古屋みなと4F

弁護士法人心名古屋みなと法律事務所の地図

【相談無料】名古屋で債務整理経験豊富な弁護士なら【名古屋】債務整理相談室

受付時間:平日:9時~21時 / 土日祝:9時~18時

12月31日~1月3日は除く。また大型連休中の休業や臨時休業もございます。

0120-150-043 お問い合わせ
© 2020 【名古屋】債務整理相談室
弁護士法人心(愛知県弁護士会所属) 代表弁護士 西尾有司