【相談無料】名古屋で債務整理経験豊富な弁護士なら【名古屋】債務整理相談室

受付時間:平日:9時~21時 / 土日祝:9時~18時

12月31日~1月3日は除く。また大型連休中の休業や臨時休業もございます。

0120-150-043 お問い合わせ

【名古屋】債務整理相談室

運営:弁護士法人心

0120-150-043
メールお問い合わせ

【名古屋】債務整理相談室TOP >  自己破産 >  自己破産してから所有自宅を手放すまでの期間

自己破産の手続き開始後から自宅を出るまでの期間はどれくらい?

  • 「自己破産をしたらすぐに自宅を出ていかなければならないの?」
  • 「自己破産してから所有自宅を出ていくまでの期間を知りたい」

自己破産とは、あなたの持つ借金をすべて帳消しにできる代わりに、100万円以上の現金や住宅、自動車などあらゆる財産を没収されてしまう債務整理のことです。

なかでもマイホーム(所有自宅)をお持ちの方は、引っ越しが必要となるため、いつまでその家に住むことができるのか不安を感じる方も多いと思います。

本ページでは、自己破産をした場合の住宅を手放すまでの期間や、その後の引っ越し先などについて解説します。

0120-150-043 お問い合わせ

自己破産をするとマイホーム(所有自宅)が没収されてしまう

マイホーム

自己破産をすると20万円以上の価値がある財産を没収されてしまいます。

マイホームをお持ちの方の場合、住宅ローンが残っていても残っていなくても、マイホームを没収されてしまうことになります。

といっても、自己破産を申し立てたらすぐに家を没収されてしまうのでは、住むところがなくなって困ってしまいます。

このようなことにならないために、今の家に住める期間を知っておくことが大切です。

マイホームの住宅ローンが残っている時

半年〜1年は今の家に住める

憧れのマイホームを購入したが、ローンが返済しきれず自己破産になったという場合、自己破産から半年〜1年は今の家に住むことができます。

そもそも、住宅ローンはあなたのマイホームを担保にお金を借りるシステムなので、返済が難しくなったら、そのマイホームをお金に換えてローンを返済しなければなりません。

そのため、住宅ローンがまだ残っている状態で自己破産を行うと、住宅ローンを貸し出しているカード会社があなたのマイホームを没収し、裁判所を通じて強制的に競売にかけてしまいます。

これらの手続きには最短でも6ヶ月ほどの期間を要し、競売にかけたからといってすぐに売れるとも限らないため、自己破産をしてから半年~1年は今の家に住み続けることができるわけです。

なお、自己破産手続き中は住宅ローンを含めた全ての借金の返済がストップするので、この機関中に貯金をして、引っ越し費用を用意することができます。

ローンの残ったマイホームは「任意売却」もおすすめ

住宅ローンの残ったマイホームを手放す時は「一般売却」「任意売却」「強制競売」という3つの手段があります。先ほども申し上げたように、自己破産を行うと自動的に強制競売にかけられることになります。

強制競売は裁判所を通じて行うため、手続きにも時間がかかり、売却価格が相場に対して低いなど、あなたにとっても、カード会社にとっても最善の手段と言い切れない部分があります。

そこで、近年注目されているのが「任意売却」です。

任意売却とは、裁判所を通さず、あなたとカード会社と不動産会社の3者の間に交渉ができる機関を立て、お互いに合意した上でマイホームを売却する手段です。

強制売却よりもあなたにかかる心理的負担が少なく、相場に近い価格でマイホームを売却できるため、カード会社に返済される金額も、強制競売より高額になります。

また、場合によっては、あなたの引っ越し費用を買い手となる方が負担してくれることもあります。

マイホームを失う覚悟ができているのであれば、自己破産を行う前に任意売却を行なった方がかえって効率よく事が進む場合もあります。

借金の状態によっては、任意売却をするだけで借金が軽減し、自己破産をしなくても借金が返済できるようになる方もいます。

マイホームで住宅ローンが完済している時

半年〜1年は今の家に住める

住宅ローンは完済しているが、その他の借金を理由に自己破産したという場合でも、裁判所の手続きなどを加味して半年〜1年は今の家に住み続けることができます。

住宅ローンを完済している場合は、カード会社ではなく、裁判所から選任された「破産管財人」という役割の方があなたの財産の1つとしてマイホームを没収し、強制競売にかけます。

破産管財人はおよそ6ヶ月かけてあなたの持つ物件の調査、不動産会社との手続きなどを行います。

また、強制競売してもし買い手が見つかったとしても、買い手側の審査や名義変更への手続きに一定の期間が必要になるため、やはり半年〜1年はそのまま今の家に住み続けることができるのです。

この間に引っ越し費用の貯金や、身の回りの準備をしておくと良いでしょう。

自己破産したらこれからどこに住めばいいの?

マイホームをお持ちの方は、1年で新しい転居先を探しましょう

マイホームをお持ちの方が自己破産をした場合は、家を手放すまでのおよそ1年程度で次の引っ越し先を探さなければなりません。

自己破産後は手持ちの財産がとても少なくなってしまっているので、今までより安い家賃のアパートやマンションに引っ越す方が多いです。

「自己破産をすると新しくアパート・マンションを借りることができなくなるのではないか」と心配する方もいます。

しかし、家賃の支払いにクレジットカードが必要などの特殊な物件でなければ、今まで通りにアパート・マンションを借りることができます。

引っ越しにはまとまったお金が必要となります。自己破産をした段階で全ての借金の返済がストップするため、収入をうまく貯金し、引っ越しに備えるのが良いでしょう。

ただし、自己破産の調査期間中は20万円以上の貯金残高を没収されてしまうなど制限があるため、詳しくは担当の弁護士や司法書士に相談することをお勧めします。

どうしてもマイホームを残したいと思ったら……

自己破産ではなく、個人再生を検討する

「せっかく手にしたマイホームを手放すのはいやだ」と思う方もいるでしょう。しかし、残念ながら基本的にはマイホームを手元に残して自己破産を行うことは不可能です。

マイホームを残したまま借金を軽減したいと望むのであれば、自己破産ではなく「個人再生」を行うことをお勧めします。

個人再生とは、借金を最大で5分の1まで減額することができる債務整理で、住宅ローンを完済しているマイホームはもちろん、「住宅ローン特則」という特例を使用することで、ローン返済中のマイホームを残したまま債務整理ができる可能性もあります。

マイホームを残したいという気持ちの強い方は、担当弁護士や司法書士にその旨を伝えて債務整理に臨むようにしましょう。

賃貸アパート・マンションなどにお住いの時

家賃の滞納がなければ、引き続き住むことができる

自己破産をする際、あなたがマイホームではなく、賃貸のアパートやマンションに住んでいる場合、それらはあなたの財産ではないため、没収されることはありません。

そのため、自己破産をしても引き続きその家に住むことができます。

ただし、家賃を滞納しているとなると話は別です。

自己破産を行うと、滞納していた家賃を帳消しにできる代わりに、その家の退去が命じられます。

それでも「家賃を滞納してしまったけど、この家に住み続けたい」と考える方もいます。

自己破産をして借金の返済がなくなった分、滞納した家賃を返済できるというのであれば、引き続きその家に住むことが許されるケースもあります。

このような場合は、担当の弁護士に希望を伝え、交渉してもらいましょう。

まとめ

  • 自己破産をすると、マイホームを没収されてしまう
  • 住宅ローンが残っていてもいなくてもおよそ半年~1年は今の家に住み続けることができる
    ・ローンの残ったマイホームは強制競売にかけるより、任意売却を行なった方がよい
    ・自己破産を行うと借金返済がストップする分、引っ越し費用を貯めやすい
    自己破産をしても通常の賃貸アパート・マンションを借りることができる

  • どうしてもマイホームを残したい時は、自己破産ではなく個人再生を検討する
  • 家賃の滞納がなければ、賃貸物件には住み続けることができる
  • ・住宅ローンが残っていてもいなくてもおよそ半年~1年は今の家に住み続けることができる
    ・家賃を滞納していると、自己破産で帳消しになる代わりに退去が命じられる
    ・ただし、滞納金を払えば引き続き住むことが許可されるケースもある

【名古屋】債務整理相談室では
無料相談実施中!!

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)の無料相談・ご依頼は以下よりお電話・メールにて承っております。メールの場合は24時間受けつけておりますので、お気軽にご利用ください。

電話受付は下の番号をクリック

0120-150-043

受付時間 平日 :9時~21時
土日祝:9時~18時
※夜間・土日祝相談可
定休日 12月31日~1月3日
※また、大型連休中の休業や臨時休業もございますので、詳細は心グループニュースをご覧ください。
住 所 弁護士法人心(本部)
〒453-0015
名古屋市中村区椿町14-13 ウエストポイント7F

弁護士法人心名古屋みなと法律事務所
〒455-0055
名古屋市港区品川町2-1-6 イオンモール名古屋みなと4F

関連記事

電話相談ダイヤル 0120-150-043
債務整理の無料メール相談

メニュー

債務整理
任意整理
自己破産
過払い金

運営事務所

弁護士法人心(本部)
〒453-0015
名古屋市中村区椿町14-13
ウエストポイント7F

弁護士法人心(本部)の地図

弁護士法人心名古屋みなと法律事務所
〒455-0055
名古屋市港区品川町2-1-6
イオンモール名古屋みなと4F

弁護士法人心名古屋みなと法律事務所の地図

【相談無料】名古屋で債務整理経験豊富な弁護士なら【名古屋】債務整理相談室

受付時間:平日:9時~21時 / 土日祝:9時~18時

12月31日~1月3日は除く。また大型連休中の休業や臨時休業もございます。

0120-150-043 お問い合わせ
© 2020 【名古屋】債務整理相談室
弁護士法人心(愛知県弁護士会所属) 代表弁護士 西尾有司