【相談無料】名古屋で債務整理経験豊富な弁護士なら【名古屋】債務整理相談室

受付時間:平日:9時~21時 / 土日祝:9時~18時

12月31日~1月3日は除く。また大型連休中の休業や臨時休業もございます。

0120-150-043 お問い合わせ

【名古屋】債務整理相談室

運営:弁護士法人心

0120-150-043
メールお問い合わせ

【名古屋】債務整理相談室TOP >  個人再生 >  個人再生後にクレジットカードは使用できなくなる?

個人再生によるクレジットカードへの影響とは

  • 「個人再生するとクレジットカードが使えなくなる?」
  • 「個人再生後にクレジットカードが使えなくなる期間とは?」

個人再生すると、あなたとカード会社(クレジットカード会社・消費者金融・銀行)が適正に取引ができるよう活動している「信用情報機関」が管理する「信用情報」に事故情報として登録されるため、5年~10年程度の期間、新たな借入ができなくなります。

これが、一般的に「ブラックリストに載る」と呼ばれる状態で、こうなるとクレジットカードも5年~10年程度の期間使用できなくなります。

ただし、信用情報から事故情報が抹消されれば、再びクレジットカードが発行できるようになりますのでご安心を。

信用情報とは、あなたがクレジットカードや、ローンを利用するといったカード会社との取引履歴や、個人再生などの債務整理(借金問題を解決するための手続き)に関することなどが記録されたものです。

また、事故情報がどの信用情報機関が管理する信用情報に登録されるかによっても、クレジットカードが使えなくなる期間が異なってきます。

そのため、実際に発行できるかどうか確かめるためには、あなたの信用情報を確認するのが確実といえるでしょう。

そこで今回は、個人再生とクレジットカードの関係について詳しく解説していきたいと思います。

0120-150-043 お問い合わせ

個人再生後クレジットカードは使用できなくなる

クレジットカード

個人再生すると5年~10年程度の期間、クレジットカードが使えなくなります。

あなたのクレジットカード全てが利用不可能となる

個人再生すると、信用情報機関が管理している信用情報にあなたの住所や氏名、個人再生の事実などが事故情報として記録されるため、俗に「ブラックリストに載った」(詳しくは後述) と言われる状態となります。

ブラックリストに載ると、5年~10年程度の期間、ショッピングやキャッシングといったクレジットカードの利用と新規の発行ができません。

ただし、個人再生して5年~10年程度の期間が経過し、信用情報から事故情報が消えれば、再びクレジットカードを発行したり、利用したりすることができるようになります。

個人再生には、「債権者平等の原則」と呼ばれる、全てのカード会社を平等に扱わなくてはならないというルールがあり、ショッピングの借金も例外ではありません。

よく、個人再生の整理対象となるのは、クレジットカードでキャッシングした場合だけだと思われる人もいるようですが、個人再生の整理対象は住宅ローンを除く全ての借金が該当するため、クレジットカードのショッピング利用分も含まれることになるのです。

さらに、ブラックリストに載ってしまうと、個人再生の整理対象となったカード会社の発行するクレジットカードだけでなく、それ以外カード会社のクレジットカードも使えなくなります。

信用情報機関の会員であるカード会社は、全ての信用情報の閲覧が可能です。

したがって、あなたが個人再生した事実は、全てのカード会社に知られることになります。(本件については、詳しくは後述します)

手持ちのクレジットカードの処理について

通常、個人再生の手続きは、弁護士や司法書士といった専門家に依頼する人がほとんどです。
このとき、クレジットカードは専門家が預かるのが一般的で、あなたの借入状況を把握した後、ハサミなどでカットして処分するか、カード会社に返却されることになります。

よって、どちらにせよ、すぐに渡せるようにクレジットカードを準備しておくようにするとよいでしょう。

個人再生するとブラックリストに載る

個人再生すると、信用情報機関が管理する信用情報に事故情報として登録されるため、いわゆる「ブラックリストに載った」状態になります。信用情報に事故情報が掲載される期間は5~10年程度で、その間はクレジットカードの利用や新規発行ができなくなります。

ブラックリストに載る影響

ブラックリストに載ると5年~10年程度の期間、クレジットカードが使えなくなります。

また、その他にも

・住宅ローンや自動車ローンなどの各種ローンが組めなくなる
・キャッシングができなくなる
・ローンや奨学金の連帯保証人になれなくなる
・借金の整理対象に銀行が含まれる場合、その銀行口座が凍結される

といったデメリットもあります。ただし、ブラックリストに載るデメリットの影響を受けるのは、個人再生したあなただけとなりますので、家族や親戚といった第三者には全く影響はありません。

社内ブラックリストについて

先ほど、信用情報から事故情報が消えれば、再びクレジットカードが利用できるようになると説明しましたが、実際には個人再生の整理対象となったカード会社のクレジットカードは、今後一切利用できない可能性が高いでしょう。

個人再生の整理対象となったカード会社には、その会社が独自で管理する「社内ブラックリスト」が存在するため、あなたが個人再生したという記録が半永久的に残ることになります。

さらに、社内ブラックリストに掲載されると、そのカード会社の関連企業にも情報が共有されてしまうため、そちらのクレジットカードも利用できなくなる可能性が高くなるでしょう。

たとえば、「三菱UFJ銀行VISA」が個人再生の整理対象になった場合、同じ三菱UFJフィナンシャル・グループが発行する「MUFGカード」といったクレジットカードも利用できなくなるというわけです。

個人再生後ブラックリストに載る期間

個人再生すると5年~10年程度の期間、信用情報に事故情報が記録されると説明しましたが、「実際はどのくらいの期間なの?」と思われたことでしょう。

実は、信用情報を扱う信用機関ごとに事故情報の登録期間が異なるため、このような表現になっているのです。

信用情報機関とはどのような期間なのか

信用情報機関とは、信用情報と呼ばれる利用者の情報(名前、住所、借入状況など)を管理し、利用者(あなた自身の情報しか確認できません)や会員であるカード会社に共有するための機関です。

なお、信用情報は、主に借入審査時の顧客の信用を判断する基準として、カード会社に使われています。

信用情報機関の会員であるカード会社は、全ての利用者情報を閲覧できるため、債務整理(任意整理、個人再生などの借金問題を解決する手続き)の事故情報や、借金を滞納していないかなどについて確認することができるのです。

信用情報機関の種類と事項情報の掲載期間の違い

信用情報機関とは、以下3つの機関です。

・日本信用情報機関:通称「JICC」
クレジットカードを発行する消費者金融系の企業が主な会員の信用情報機関です。

・株式会社 シー・アイ・シー:通称「CIC」
「オリコカード」や「ジャックスカード」などの信販会社が発行するカードを扱う企業が、主な会員の信用情報機関です。

・全国銀行個人信用情報センター:通称「KSC」
銀行系と呼ばれる「三井住友VISAカード」や「三菱UFJカード」などを発行する銀行が、主な会員の信用情報機関です。

ちなみに、一般的なクレジットカード系の会社はJICCとCICに加入していることがほとんどです。また、3つの情報機関は、「CRIN (クリン)」と呼ばれるネットワークで繋がっているため、事故情報を含む信用情報が全ての機関で共有されています。

ただし、個人再生の事故登録が掲載されるはじめる起算点、及び掲載期間は機関ごとに異なっています。

JICC:裁判所による個人再生の認可後5年間登録
CIC: 裁判所による個人再生の認可後5年間登録
KSC:裁判所による再生手続きの開始決定が官報(政府が発行する新聞のようなもの)に掲載後10年間登録

たとえば、JICCとCICで情報照会を行うカード会社であれば、個人再生による事故情報が登録される期間は5年間となります。

そのため、個人再生して5年程度の期間が経過すれば、再びクレジットカードの利用ができるようになるということです。

ただし、個人再生後の借金の返済が滞ってしまった場合には、事故情報の掲載期間が延長されてしまうため注意する必要があるでしょう。

個人再生後はいつからクレジットカードが使用できるのか

個人再生後、5年~10年程度の期間が過ぎ、「そろそろクレジットカードの発行できるかな」と思っても、事故情報が残っていた場合にはカード会社の審査に通りづらくなります。

また、前述したように、カード会社が信用情報を参照する信用情報機関によっても事故情報の掲載期間は異なってきますので、クレジットカードを発行する前に事故情報が確実に消えているか確認しておきたいところです。

あなたの信用情報は、信用情報機関に問い合わせることで内容を確認できます。

ただし、信用情報の開示をしてもらえるのは基本的に本人のみとなりますので、代理人を立てる場合には委任状が必要です。

なお、信用情報機関の開示請求方法については、以下の通りとなっています。

・JICC
信用情報の開示を受付:ホームページ、郵送、窓口
手数料:ホームページ、郵送の場合1,000円、窓口の場合500円

・CIC
信用情報の開示を受付:ホームページ、郵送、窓口
手数料:ホームページ、郵送の場合1,000円、窓口の場合500円

・KSC
信用情報の開示を受付:直接KSCへ郵送で申請
手数料:1,000円

まとめ

  • 個人再生すると5年~10年程度の期間、クレジットカードが使えなくなる
  • 個人再生すると、信用情報機関が管理する信用情報に事故情報として登録されるため、いわゆる「ブラックリストに載った」状態となり、5年~10年程度の期間、クレジット
  • ードが使えなくなる
  • 個人再生の整理対象となったカード会社のクレジットカードは、今後一切利用できない可能性が高い
  • 信用情報機関とは、信用情報と呼ばれる利用者の情報(名前、住所、借入状況など)を管理し、利用者や会員であるカード会社に共有するための機関
  • 信用情報機関は以下3つ
  • 日本信用情報機関:通称「JICC」。裁判所による個人再生の認可後5年間登録
    株式会社 シー・アイ・シー。通称「CIC」裁判所による個人再生の認可後5年間登録
    全国銀行個人信用情報センター。通称「KSC」裁判所による再生手続きの開始決定が官報に掲載後10年間登録

【名古屋】債務整理相談室では
無料相談実施中!!

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)の無料相談・ご依頼は以下よりお電話・メールにて承っております。メールの場合は24時間受けつけておりますので、お気軽にご利用ください。

電話受付は下の番号をクリック

0120-150-043

受付時間 平日 :9時~21時
土日祝:9時~18時
※夜間・土日祝相談可
定休日 12月31日~1月3日
※また、大型連休中の休業や臨時休業もございますので、詳細は心グループニュースをご覧ください。
住 所 弁護士法人心(本部)
〒453-0015
名古屋市中村区椿町14-13 ウエストポイント7F

弁護士法人心名古屋みなと法律事務所
〒455-0055
名古屋市港区品川町2-1-6 イオンモール名古屋みなと4F
電話相談ダイヤル 0120-150-043
債務整理の無料メール相談

メニュー

債務整理
任意整理
自己破産
過払い金

運営事務所

弁護士法人心(本部)
〒453-0015
名古屋市中村区椿町14-13
ウエストポイント7F

弁護士法人心(本部)の地図

弁護士法人心名古屋みなと法律事務所
〒455-0055
名古屋市港区品川町2-1-6
イオンモール名古屋みなと4F

弁護士法人心名古屋みなと法律事務所の地図

【相談無料】名古屋で債務整理経験豊富な弁護士なら【名古屋】債務整理相談室

受付時間:平日:9時~21時 / 土日祝:9時~18時

12月31日~1月3日は除く。また大型連休中の休業や臨時休業もございます。

0120-150-043 お問い合わせ
© 2020 【名古屋】債務整理相談室
弁護士法人心(愛知県弁護士会所属) 代表弁護士 西尾有司