【相談無料】名古屋で債務整理経験豊富な弁護士なら【名古屋】債務整理相談室

受付時間:平日:9時~21時 / 土日祝:9時~18時

12月31日~1月3日は除く。また大型連休中の休業や臨時休業もございます。

0120-150-043 お問い合わせ

【名古屋】債務整理相談室

運営:弁護士法人心

0120-150-043
メールお問い合わせ

【名古屋】債務整理相談室TOP >  任意整理 >  任意整理することは家族に話したほうがよい?

任意整理すると家族にバレる?

  • 「任意整理するとしたら、家族にどう思われるだろう?」
  • 「任意整理することは家族に話さないほうがいいのではないか?」

任意整理をすると決めたときに、そのことを家族に話すか話さないかで迷う人は少なくありません。

また、結局は家族にバレて問題になるのではないかと思っている人もいるでしょう。

これから説明するとおり、あなたが家族に話さない限り、任意整理したことが家族に知られる可能性はありません。

そのため、任意整理することを家族に話すかどうかはあなた次第です。

その判断の助けとなるよう、この記事では、任意整理をするとできなくなることの中で、家族に影響が出る可能性があるものについて説明します。

0120-150-043 お問い合わせ

任意整理したことが家族に知られる可能性はほとんどない

家族にバレる

あなたが話さない限り、任意整理をしたことが家族や知人に知られることはないといえます。その理由を最初に説明します。

任意整理は官報に載らない

借金を返せずに債務整理をすると、家族や知人に知られるという誤解がある理由として、国の新聞である「官報」の存在があります。官報は誰でも見ることができるので、債務整理をすると周りの人みんなに知られてしまうと思われているのです。

しかし、任意整理はそもそも官報に掲載されないため、任意整理したことを第三者に知られることはありません。

債務整理には任意整理の他に、個人再生と自己破産があります。

個人再生と自己破産は裁判所を通して行われる法的な手続きなので、官報に掲載されます。

一方、任意整理はあなたの代理人である弁護士と借金の借入先である銀行・カード会社・消費者金融が「任意で」行う債務整理であり、法的な手続きではありませんので、官報に載ることはないのです。

官報で知人に債務整理がバレる可能性はほとんどない

さらに、官報を日常的に読んでいる人というのは、会社で官報を確認する必要がある人など、ごく少数です。

そのため、仮に個人再生や自己破産を行って官報に掲載されたとしても、他の人に知られる可能性はごくわずかでしかありません。

つまり、債務整理をすると官報に載るので他の人に知られてしまうということ自体が大げさであるといえるのです。

任意整理をしたことがバレる要因は一つもない

こうなると、任意整理をしたことを唯一知っている人物というのは、あなたの代理人である弁護士のみということになります。

しかし、弁護士は任意整理のプロですので、プライバシーを守ることにも長けています。

あなたの家族や知人に知られることがないよう、連絡を取るときには十分注意していますし、守秘義務は厳守します。

そのため、任意整理をしたことがまわりの人にバレるきっかけは一つもありません。

ですから、任意整理したことを家族に話すのも話さないのもあなたの自由なのです。

任意整理するとブラックリストに載る

それでは、どういった場合には任意整理したことを家族に話す必要があるのでしょうか。

ここからは、任意整理のデメリットのうち、家族に影響がある可能性のあるものについて説明していきます。

クレジットカードやローンを提供している銀行・カード会社・消費者金融は、顧客にローンの返済能力があるかどうかを確認するため、クレジットカードの信用情報などを管理している「信用情報機関」という機関に加盟しています。

任意整理をすると、借金をもともと決められた条件で返すことができなかったという「信用事故」として、任意整理をしたことが信用情報機関に登録されます。

いわゆる、「ブラックリスト」に載るという状態です。

任意整理をしてブラックリストに載っている5年間はさまざまな制限がかかりますので、それが家族に影響する場合は、そのことを説明しておく必要が出てきます。

ブラックリストに載ると5年ほどローンが組めなくなる

ブラックリストに載っている間は、住宅ローン・自動車ローン・医療ローンといったローンを組むことができなくなります。

そのため、これから5年以内にローンを利用して家や車を買うという予定があった場合や、医療ローンを利用する可能性があった場合は、任意整理をするのでローンが利用できなくなるということを家族に話しておかないと、トラブルの原因になるおそれがあります。

ブラックリストに載るとクレジットカードを使えない

ブラックリストに載っている5年間は、クレジットカードも利用できなくなります。現在クレジットカードを利用している人は、任意整理してから5年間はクレジットカードが使えなくなりますので、そこから家族にバレるという可能性はあります。

例えば、携帯電話や公共料金の支払いをクレジットカードでしている場合、任意整理をする前に支払い方法を変更しておかないと、督促の連絡が来てしまいます。

任意整理をしてもデビットカードは使えますので、デビットカードを利用したり、口座引落にしたりするといいでしょう。

ブラックリストに載ると奨学金の保証人になれない

家族の中に奨学金を利用する予定の子どもがいる場合は、任意整理をするということを話す必要があります。

ブラックリストに載っている5年間は、借金の保証人になることができなくなります。大学などの奨学金も借金の一種ですので、任意整理をしてブラックリストに載ると、奨学金の保証人になることはできません。

任意整理から5年以上が経過してブラックリストの登録が解除された後は、また保証人になることができるようになります。

子どもの年齢や経済状況を考えて、影響が出ると思われるようであれば、任意整理するので奨学金の保証人になれないことを家族に説明しておくべきでしょう。

ブラックリストに載るのはどの債務整理でも同じ

これまで説明してきたように、任意整理することを家族に説明する必要があるのは、ブラックリストに登録されることで家族に影響が出る場合です。

そして、ブラックリストに登録されるという点は、任意整理だけではなく、個人再生や自己破産を選んだ場合でも同じです。ブラックリストに登録される期間が若干異なるという違いでしかありません。

また、借金という重い問題を抱えたままでは、自分だけでなく家族の人生プランにも悪い影響が出てしまいます。

そのため、まずは自分に最適な債務整理で借金の問題を解決することを優先し、そのうえで、家族に関係のある問題が生じる場合は、きちんとそのことを説明するのがいいでしょう。

まとめ

  • あなたが話さない限り、任意整理したことを家族や知人に知られることはない
  • ブラックリストに載ることでかかる制限が家族に影響する場合には話したほうがいい
  • ローンが組めなくなる
  • クレジットカードが使えなくなる
  • 奨学金の保証人になれなくなる
  • 借金の問題を解決するのが最優先、そのうえで必要に応じて家族に説明しよう

【名古屋】債務整理相談室では
無料相談実施中!!

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)の無料相談・ご依頼は以下よりお電話・メールにて承っております。メールの場合は24時間受けつけておりますので、お気軽にご利用ください。

電話受付は下の番号をクリック

0120-150-043

受付時間 平日 :9時~21時
土日祝:9時~18時
※夜間・土日祝相談可
定休日 12月31日~1月3日
※また、大型連休中の休業や臨時休業もございますので、詳細は心グループニュースをご覧ください。
住 所 弁護士法人心(本部)
〒453-0015
名古屋市中村区椿町14-13 ウエストポイント7F

弁護士法人心名古屋みなと法律事務所
〒455-0055
名古屋市港区品川町2-1-6 イオンモール名古屋みなと4F

関連記事

電話相談ダイヤル 0120-150-043
債務整理の無料メール相談

メニュー

債務整理
任意整理
自己破産
過払い金

運営事務所

弁護士法人心(本部)
〒453-0015
名古屋市中村区椿町14-13
ウエストポイント7F

弁護士法人心(本部)の地図

弁護士法人心名古屋みなと法律事務所
〒455-0055
名古屋市港区品川町2-1-6
イオンモール名古屋みなと4F

弁護士法人心名古屋みなと法律事務所の地図

【相談無料】名古屋で債務整理経験豊富な弁護士なら【名古屋】債務整理相談室

受付時間:平日:9時~21時 / 土日祝:9時~18時

12月31日~1月3日は除く。また大型連休中の休業や臨時休業もございます。

0120-150-043 お問い合わせ
© 2020 【名古屋】債務整理相談室
弁護士法人心(愛知県弁護士会所属) 代表弁護士 西尾有司