【相談無料】名古屋で債務整理経験豊富な弁護士なら【名古屋】債務整理相談室

受付時間:平日:9時~21時 / 土日祝:9時~18時

12月31日~1月3日は除く。また大型連休中の休業や臨時休業もございます。

0120-150-043 お問い合わせ

【名古屋】債務整理相談室

運営:弁護士法人心

0120-150-043
メールお問い合わせ

【名古屋】債務整理相談室TOP >  任意整理 >  任意整理後に携帯・スマホの機種変はできるのか?

任意整理すると携帯・スマホの機種変では機種代金の支払い方法に制限がある

  • 「任意整理をしたら、携帯電話やスマホは使えなくなる…?」
  • 「任意整理後も、機種変や新規契約は普通にできるの…?」

携帯電話やスマホは、今や私たちの生活に欠かすことのできないものです。

任意整理を考えている方の中には、任意整理をした後に携帯電話やスマホにどんな影響があるのか不安な方もいるでしょう。

このページでは、任意整理をした後も、携帯電話・スマホは使い続けられるのか、携帯電話・スマホの機種変はできるのかなどについて、わかりやすく解説していきます。

0120-150-043 お問い合わせ

任意整理をしても携帯電話・スマホは解約されない

スマホ

任意整理とは、カード会社(クレジットカード会社・消費者金融・銀行)と直接交渉することで、借金に将来かかる利息を無くしたり、返済する回数を支払いやすい回数に変更したりすることができる、借金整理の方法の1つです。

任意整理では、整理する借金を選んで交渉することができるので、携帯電話料金を整理の対象に入れないということができます。

仮に、携帯電話料金や機種の分割代金を少し滞納していた場合でも、整理の対象にしなければ携帯電話の契約を解除されることはありません。

つまり、携帯電話料金を任意整理の対象から外せば、今のまま携帯電話・スマホを継続して利用したり、他社で新規契約をしたりすることができるのです。

例えば、あなたに借金が、楽天カード・みずほ銀行・プロミス・docomoの利用料金と本体分割代金の一か月未払い分の合計4種類あったとしましょう。

携帯電話はこのまま使用し続けいたいので、楽天カード・みずほ銀行・プロミスを任意整理の対象にし、docomoは滞納を解消しこのまま支払うということができます。

任意整理によって、楽天カード・みずほ銀行・プロミスへの月々の支払いがグッと下げられるので、携帯電話料金も支払っていけるようになるでしょう。

2つのブラックリスト

では携帯電話やスマホを任意整理の対象にしなければ、何も影響はないのでしょうか?

答えは「NO」です。

任意整理による携帯電話・スマホへの影響をお話しする前に、まずは2種類あるブラックリストについて確認しておきましょう。

ブラックリストは、2種類あり、「金融事故におけるブラックリスト」「携帯ブラック」です。

金融事故とは、返済が約2ヵ月以上滞っていたり、債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)をしている状態のことを指し、一般的に知られているブラックリストのこと。

「金融事故を起こした=お金に対する信用力が無い」と判断され、あらゆるカード会社(銀行・消費者金融・クレジットカード会社)や携帯電話会社で、各個人の情報が共有されています。

一方で、携帯ブラックとは、携帯電話・スマホの利用料金の月々の支払いが行えていない人が対象となり、その情報が各携帯電話会社同士で共有されています。

携帯ブラックになっていると、今の携帯電話を強制的に解約されるだけでなく、他社での新規契約や番号引継ぎもできなくなってしまいます。

以下では、2つの「ブラック」について、それぞれ詳しくみていきましょう。

金融事故におけるブラックリストは機種変に注意

任意整理をすると、あなたは、ブラックリストに載ることになります。

ブラックリストに載ることは、携帯電話会社と〝電話を利用する〟という回線契約をする際に、問題になることはありません。

したがって、ブラックリストに載っていても携帯電話の継続利用や他社での新規契約・番号引継ぎは可能です。

一方で、携帯電話・スマホの機種変に関しては注意が必要です。

ブラックリストに載るとは、正確に言うと、CICやJICCといった信用情報機関に、金融事故情報が登録されるということです。

携帯電話会社は、このCICやJICCに加盟しています。携帯電話・スマホの本体代金を分割払いできる携帯電話会社は、法律に従い、顧客の支払い能力を調べなければならないと義務付けられています。

携帯電話・スマホの機種代は、普通、数万円と高額なため、一般的には2年間の分割払いになっています。そのため、機種代の分割払いもローンを組むのと同じように考えられているのです。

ブラックリストに載っている間は、新たにローンを組むことはできません。

したがって、任意整理をしてからブラックに載っている5年間は、携帯電話・スマホ本体の機種代の分割払いができなくなりますので、携帯電話・スマホの本体は、一括払いで購入しなければならないのです。

ちなみに、任意整理をした時点で、携帯電話・スマホの本体代金が残っていたとしても、携帯電話・スマホが解約されるということは無いでしょう。

ブラックリストに載ると、クレジットカードは全て使用できなくなりますが、携帯電話・スマホが本体代金が残っているからといって解約されたということはありませんので、ご安心ください。

携帯電話・スマホ料金の支払い方法を確認しておこう

任意整理をすると、ブラックリストに載ります。

つまり、ブラックリストに載るとクレジットカードが使用できなくなりますので、もし携帯電話・スマホの支払い方法をクレジットカードにしている場合は、任意整理前に変更しておきましょう。

クレジットカード払いをそのままにしておくと、支払いができなくなるため、携帯電話・スマホ料金の未払いとなります。

任意整理を行う前に、口座引き落としやコンビニ決済などに変更し、支払われなかったという事態が起こらないようにしておきましょう。

携帯ブラックになってはいけない!

CIC・JICCなどの金融事故におけるブラックリストとは全く別で、「携帯ブラック」というものがあります。

携帯電話会社が、TCA(電気通信事業者協会)という組織を通じて、顧客の未払い情報を共有するシステムのことです。

もしあなたが、携帯電話の使用料金や機種代を2か月以上滞納していた場合、TCAを通じて、他の携帯電話会社に未払いの情報が共有されます。

TCAには、docomo、au、soft bankの大手3社だけでなく、格安スマホ各社も加盟しています。

携帯電話料金の未払いには、電話料金の滞納と、携帯電話・スマホ本体代金の滞納の2種類があり、電話料金の滞納で強制解約になった場合、携帯ブラックになります。

携帯電話本体代金の滞納で強制解約になった場合は、携帯ブラックだけでなく、信用情報機関のブラックリストにも登録されることになります。

このように、携帯ブラックになると、これまでの回線契約は強制的に解約されます。

他の携帯電話会社にも、あなたが携帯ブラックである情報が回っているので、他社でも新規契約や番号引継ぎはできません。

つまり、任意整理に関わらず携帯ブラックになってしまうと、そもそも携帯電話やスマホが全く利用できなくなってしまいます。

携帯電話・スマホはもはや生活必需品ですので、携帯電話料金の未払いや滞納がある場合は、すぐに解消しておきましょう。

未払い分を支払ってしまえば、すぐに携帯ブラックから抜け出すことができます。任意整理をするしないにかかわらず、携帯電話料金の未払い・滞納はぜひとも避けておきましょう。

【名古屋】債務整理相談室では
無料相談実施中!!

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)の無料相談・ご依頼は以下よりお電話・メールにて承っております。メールの場合は24時間受けつけておりますので、お気軽にご利用ください。

電話受付は下の番号をクリック

0120-150-043

受付時間 平日 :9時~21時
土日祝:9時~18時
※夜間・土日祝相談可
定休日 12月31日~1月3日
※また、大型連休中の休業や臨時休業もございますので、詳細は心グループニュースをご覧ください。
住 所 弁護士法人心(本部)
〒453-0015
名古屋市中村区椿町14-13 ウエストポイント7F

弁護士法人心名古屋みなと法律事務所
〒455-0055
名古屋市港区品川町2-1-6 イオンモール名古屋みなと4F

関連記事

電話相談ダイヤル 0120-150-043
債務整理の無料メール相談

メニュー

債務整理
任意整理
自己破産
過払い金

運営事務所

弁護士法人心(本部)
〒453-0015
名古屋市中村区椿町14-13
ウエストポイント7F

弁護士法人心(本部)の地図

弁護士法人心名古屋みなと法律事務所
〒455-0055
名古屋市港区品川町2-1-6
イオンモール名古屋みなと4F

弁護士法人心名古屋みなと法律事務所の地図

【相談無料】名古屋で債務整理経験豊富な弁護士なら【名古屋】債務整理相談室

受付時間:平日:9時~21時 / 土日祝:9時~18時

12月31日~1月3日は除く。また大型連休中の休業や臨時休業もございます。

0120-150-043 お問い合わせ
© 2020 【名古屋】債務整理相談室
弁護士法人心(愛知県弁護士会所属) 代表弁護士 西尾有司