【相談無料】名古屋で債務整理経験豊富な弁護士なら【名古屋】債務整理相談室

受付時間:平日:9時~21時 / 土日祝:9時~18時

12月31日~1月3日は除く。また大型連休中の休業や臨時休業もございます。

0120-150-043 お問い合わせ

【名古屋】債務整理相談室

運営:弁護士法人心

0120-150-043
メールお問い合わせ

【名古屋】債務整理相談室TOP >  任意整理 >  任意整理すると両親に通知や請求がいく?

任意整理で両親に請求がいくのはどんなとき?

  • 「任意整理をして両親に迷惑がかかると躊躇してしまう」
  • 「任意整理すると実家にも請求がいく?」

任意整理をすると、借金を減額できますが、両親に迷惑がかかってしまうのではないか?両親に借金の請求がいくのではないか?と心配している方も多いです。

実際に、離れて暮らす実家の両親には、借金があることを秘密にしていて、バレてしまうと困るケースもあるでしょう。

そこで、任意整理をすると、両親にどのような影響があるのか見ていきましょう。

0120-150-043 お問い合わせ

任意整理すると両親に請求はいく?

ポスト

結論から言うと、あなたが任意整理をしても、実家の両親に借金の請求がいくことはありません。

任意整理をすることによって、家族や両親に及ぼす影響はほとんどありません。

借金があり、任意整理をするのは、あなた個人の問題であり、あなたが返済できなくなったからといって、両親の財産が没収されたり、借金の返済の取り立てにあうことはありません。

あなたの借金の問題と両親は別のものとして考えます。

そのため、あなたが任意整理をしても両親に借金返済の請求が届いて、迷惑がかかることはありません。

ただし、両親が借金の保証人となっている場合は別です。

両親が借金の保証人になっている場合

たとえば、奨学金の保証人に両親がなっている場合であれば、奨学金を任意整理すると、借金の返済義務は両親が背負うことになります。

保証人である両親は、借金の残高について、一括で請求される可能性が高いです。

ただし、一括で返済請求をされた場合でも、カード会社(クレジットカード会社・消費者金融・銀行)との交渉次第では、分割で支払うことができる場合もあります

弁護士などの専門家に相談することをおすすめします。

また、両親が、あなたの借金を返済できない場合には、任意整理などの債務整理をせざるをえない状況になります。

このように、借金の保証人に両親がなっていると、あなたが任意整理をすることで、両親へ借金返済の請求がいくため迷惑がかかってしまいます。

任意整理は借金の対象を選ぶことができる

任意整理は、複数の借金がある場合に、整理の対象を選ぶことができます。

そのため、保証人が付いている借金は、任意整理の対象から外しておくことができます。

先ほど、例に挙げたように、両親が奨学金の保証人になっていて、あなたが任意整理をすることで、借金の請求が両親にいく場合では、奨学金を任意整理の対象から外しておけば良いです。

他の借金については、任意整理をすることで、月々の借金の返済総額は減るので、経済的な負担は軽くなります。

債務整理の手続きの中でも、整理の対象を選ぶことができるのは、任意整理だけです。

借金は、減らしたいけれど、実家の両親に請求がいっては困るという場合には、任意整理をすることをおすすめします。

任意整理は両親にバレる?

借金があることや、返済に困っていることを両親に知られたくないという方もいるでしょう。

任意整理の場合、その事実が周囲の人や両親にバレる可能性は、ほとんどありません。

任意整理の手続きは、裁判所を介さない手続きです。

弁護士などの代理人に依頼すると、代理人が、カード会社と直接交渉をして借金の減額をします。

そのため、あなたがカード会社とやり取りをしたり、裁判所に出頭する必要はないです。

あなたは、任意整理を依頼した後は、代理人との面談を1回すれば良いだけで、あとは、代理人に任せておくだけです。

任意整理をすると借金の返済がストップする

任意整理を弁護士などに依頼すると、借金の取り立てや返済が一時的にストップします。

そのため、カード会社から借金の催促の電話や、督促状が届いて、借金がたまたま両親にバレてしまう可能性もありません。

任意整理後の郵便物や連絡は、カード会社から直接代理人の元へ届きますので、任意整理をしていることが家族にバレることはありません。

また、代理人とのやりとりに関しても、メールや電話といった連絡手段や時間帯の指定に柔軟に応じてくれますので、別居している実家の両親であれば、なおさらバレる可能性は低いです。

任意整理は官報に載らない

自己破産や個人再生は、裁判所を介する手続きのため官報に載りますが、任意整理は、官報に載ることもありません。

そのため、債務整理の手続きの中でも、両親や周囲の人にバレにくい方法だと言えます。

借金があることが、両親にバレてしまうと、カード会社から両親への請求はいかなくとも、あなたへの仕送りをしなくては!など、両親が余計な心配をしてしまうかもしれません。

任意整理では、両親にバレる可能性もないので安心して手続きを進めることができます。

まとめ

  • 任意整理をすることで両親に請求がいくことはない。
  • 両親が保証人の借金を任意整理の対象にしてしまうと借金の残高を一括で請求される可能性が高い。
  • 任意整理は、手続きの対象とする借金を選ぶことができるので保証人がいる借金は任意性りの対象から外しておくことができる。
  • 任意整理をしたことが周囲の人や両親にバレる可能性は低い。

【名古屋】債務整理相談室では
無料相談実施中!!

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)の無料相談・ご依頼は以下よりお電話・メールにて承っております。メールの場合は24時間受けつけておりますので、お気軽にご利用ください。

電話受付は下の番号をクリック

0120-150-043

受付時間 平日 :9時~21時
土日祝:9時~18時
※夜間・土日祝相談可
定休日 12月31日~1月3日
※また、大型連休中の休業や臨時休業もございますので、詳細は心グループニュースをご覧ください。
住 所 弁護士法人心(本部)
〒453-0015
名古屋市中村区椿町14-13 ウエストポイント7F

弁護士法人心名古屋みなと法律事務所
〒455-0055
名古屋市港区品川町2-1-6 イオンモール名古屋みなと4F

関連記事

電話相談ダイヤル 0120-150-043
債務整理の無料メール相談

メニュー

債務整理
任意整理
自己破産
過払い金

運営事務所

弁護士法人心(本部)
〒453-0015
名古屋市中村区椿町14-13
ウエストポイント7F

弁護士法人心(本部)の地図

弁護士法人心名古屋みなと法律事務所
〒455-0055
名古屋市港区品川町2-1-6
イオンモール名古屋みなと4F

弁護士法人心名古屋みなと法律事務所の地図

【相談無料】名古屋で債務整理経験豊富な弁護士なら【名古屋】債務整理相談室

受付時間:平日:9時~21時 / 土日祝:9時~18時

12月31日~1月3日は除く。また大型連休中の休業や臨時休業もございます。

0120-150-043 お問い合わせ
© 2020 【名古屋】債務整理相談室
弁護士法人心(愛知県弁護士会所属) 代表弁護士 西尾有司