【相談無料】名古屋で債務整理経験豊富な弁護士なら【名古屋】債務整理相談室

受付時間:平日:9時~21時 / 土日祝:9時~18時

12月31日~1月3日は除く。また大型連休中の休業や臨時休業もございます。

0120-150-043 お問い合わせ

【名古屋】債務整理相談室

運営:弁護士法人心

0120-150-043
メールお問い合わせ

【名古屋】債務整理相談室TOP >  任意整理 >  任意整理しても今の賃貸住宅に住み続けられる?

任意整理すると今住んでる賃貸住宅は出ていかなければならない?

  • 「任意整理をしたら賃貸住宅から追い出されるのではないか」
  • 「今は賃貸住宅に住んでいるから、任意整理できないかもしれない」

借金を整理しようと思ったとき、住む家のことが心配になる人は少なくないでしょう。

特に、賃貸住宅に住んでいる人は、任意整理をすると今の家に住んでいられなくなるのではと不安に思うかもしれません。

しかし、任意整理をしたからといって、必ず賃貸住宅を出ていかなければならないということにはなりません。

「家賃の支払い方法」と「滞納家賃がある場合」の2点に注意していれば、今の賃貸住宅にそのまま住んでいられるのです。

0120-150-043 お問い合わせ

任意整理をしたという理由だけで賃貸住宅を出ていく必要はない

アパート

まず、任意整理をしたという理由だけで賃貸住宅を出ていく必要はありません。

任意整理をすると賃貸住宅に住み続けられなくなるという誤解が広まっている原因は、次の2つだと考えられます。

1.任意整理をするとブラックリストに載ることで、借金に関するいくつかの制限がかかる
2.持ち家を手放さなければならない自己破産のイメージと混同されている

ブラックリストに載っても、賃貸住宅を追い出されることはない

ブラックリストとは?

ローンやクレジットカードを提供している銀行・カード会社・消費者金融は、相手に借金の返済能力があるかどうかを確認するため、クレジットカードなどの信用情報を管理している「信用情報機関」という機関に加盟しています。

任意整理をすると、もともと決まっていた条件で借金を返済することができなかったという「信用事故」の情報が、信用情報機関に登録されます。

この状態が、「ブラックリストに載る」と呼ばれているのです。

任意整理をしたことでブラックリストに載っている5年ほどの間は、ローンを組むことやクレジットカードを作成・利用すること、保証人になることなどができなくなります。

お金に関する信用情報に傷がついているため、借金に関することがらに制限がかかるというわけです。

賃貸住宅への家賃支払いは借金ではないので、ブラックリストに載っても影響はない

賃貸住宅に住むために家賃を支払うということは、借金ではありません。

そのため、滞納せず普通に家賃を支払い続けている場合には、ブラックリストに載ったからといって、賃貸住宅から追い出されるということにはなりません。

任意整理をすることで賃貸住宅に関して影響があるのは、「家賃の支払い方法」と「家賃の滞納があった場合」の2点だけです。

後で説明しますが、この2つに気をつけておけば、今住んでいる賃貸住宅に問題なく住み続けることができます。

任意整理をすると家を処分しなければならないというイメージは誤解

自己破産と異なり、任意整理では家を処分する必要がない

一般の人からすると、借金の整理として最初にイメージが浮かぶのは自己破産のようです。

自己破産では持ち家がある場合、財産の一つとして売却処分する義務がありますので、その印象によって、任意整理すると賃貸住宅から立ち退かなければならないという誤解が生じてしまったのでしょう。

しかし、任意整理では、持ち家があったとしても必ず処分しなければならないわけではありません。

整理する借金を選ぶことができるのは任意整理の大きな特徴であり、例えばローンが残っている家を対象から外すことで、家を残したまま任意整理するといった方法もあります。

賃貸住宅は自分の財産ではないので、任意整理でも自己破産でも処分にはならない

賃貸住宅の場合、そもそも家が自分の財産ではありません。ですので、仮に自己破産をしたとしても、売却処分することにはもちろんなりません。

また、以前は民法第621条によって、大家さんは自己破産をした人に賃貸契約の解除を求めることができることになっていましたが、平成17年にこの規定はなくなっていますので、仮に自己破産をしても、賃貸住宅から追い出されることにはならないのです。

このように、任意整理をしたからといって、持ち家を処分する必要はありませんし、賃貸住宅から出ていく必要もありません。

賃貸住宅に住んでいる人が任意整理をするときに注意すべき2つのポイント

任意整理をするとブラックリストに載るので、家賃がクレジットカード払いの人は注意

上で説明したように、任意整理をするとブラックリストに載り、5年ほどの間、クレジットカードを使用することができなくなります。

そのため、家賃の支払いをクレジットカード払いにしている人は、任意整理をする前に、家賃の支払い方法を口座引き落としに変更しておく必要があります。

滞納した家賃を任意整理の対象にした場合は、出ていかなければならなくなるので注意

賃貸住宅の家賃を滞納している場合、滞納した家賃を任意整理することは可能です。

ただし、その場合は賃貸住宅から出ていかなくてはならなくなります。

任意整理では、債務整理の対象とする借金を自由に選ぶことができますので、今住んでいる賃貸住宅に住み続けたい人は、滞納した家賃を任意整理の対象とするのは避けましょう。

また、借金の負担に苦しんでいる場合、家賃を滞納してしまう前に対応したほうがいいです。

3カ月以上家賃を滞納してしまうと賃貸住宅からの立ち退きを求められる可能性が大きくなりますので、そうなる前に自分に合った債務整理で借金の問題を解決し、家賃をしっかり払い続けられるようにするのがよいでしょう。

まとめ

  • 任意整理をしたという理由だけで、賃貸住宅に住めなくなることはない
  • 任意整理をするとクレジットカードが使えなくなるので、家賃の支払い方法に注意
  • 滞納した家賃も任意整理することはできるが、すると出ていかなければならなくなる

【名古屋】債務整理相談室では
無料相談実施中!!

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)の無料相談・ご依頼は以下よりお電話・メールにて承っております。メールの場合は24時間受けつけておりますので、お気軽にご利用ください。

電話受付は下の番号をクリック

0120-150-043

受付時間 平日 :9時~21時
土日祝:9時~18時
※夜間・土日祝相談可
定休日 12月31日~1月3日
※また、大型連休中の休業や臨時休業もございますので、詳細は心グループニュースをご覧ください。
住 所 弁護士法人心(本部)
〒453-0015
名古屋市中村区椿町14-13 ウエストポイント7F

弁護士法人心名古屋みなと法律事務所
〒455-0055
名古屋市港区品川町2-1-6 イオンモール名古屋みなと4F

関連記事

電話相談ダイヤル 0120-150-043
債務整理の無料メール相談

メニュー

債務整理
任意整理
自己破産
過払い金

運営事務所

弁護士法人心(本部)
〒453-0015
名古屋市中村区椿町14-13
ウエストポイント7F

弁護士法人心(本部)の地図

弁護士法人心名古屋みなと法律事務所
〒455-0055
名古屋市港区品川町2-1-6
イオンモール名古屋みなと4F

弁護士法人心名古屋みなと法律事務所の地図

【相談無料】名古屋で債務整理経験豊富な弁護士なら【名古屋】債務整理相談室

受付時間:平日:9時~21時 / 土日祝:9時~18時

12月31日~1月3日は除く。また大型連休中の休業や臨時休業もございます。

0120-150-043 お問い合わせ
© 2020 【名古屋】債務整理相談室
弁護士法人心(愛知県弁護士会所属) 代表弁護士 西尾有司