【相談無料】名古屋で債務整理経験豊富な弁護士なら【名古屋】債務整理相談室

受付時間:平日:9時~21時 / 土日祝:9時~18時

12月31日~1月3日は除く。また大型連休中の休業や臨時休業もございます。

0120-150-043 お問い合わせ

【名古屋】債務整理相談室

運営:弁護士法人心

0120-150-043
メールお問い合わせ

【名古屋】債務整理相談室TOP >  債務整理 >  クレジットカードが支払えない場合の解決方法

今月のクレジットカードが支払えないときの選択肢は?

  • 「クレジットカードが支払えない・・・どうしらいい?」
  • 「クレジットカードが支払えない場合にやるべきことを知りたい!」

クレジットカードは、その場でお金の持ち合わせが無くても、支払いができ、返済も1~2ヵ月後でよいので非常に便利ですね。

しかし、その便利さゆえに、計画性を欠いた使い方をしてしまうと、気づいたときには「支払えない!」という状態になりかねません。

それに、もしクレジットカードが支払えない状態が続くと、遅延損害金が発生したり、カードが利用できなくなることもあるので大変です。

そこで今回は、クレジットカードが支払えない状態で、どうすればよいか分からなくなってしまった方や、今後の解決策を知りたい方に向けて解説をしていきます。

0120-150-043 お問い合わせ

クレジットカードが支払えないときにやるべきこととは?

クレジットカード

クレジットカードが支払えないときは冷静になってやるべきことをやることが大切です。以下のことを順番に行っていきましょう。

  • 返済額がいくらかを請求書やカード会社のホームページで確認する
  • ボーナス一括払いに変更できるか確認する
  • リボ払いに変更できるか確認する
  • クレジットカード会社に連絡する

返済額がいくらかを請求書やカード会社のホームページで確認する

クレジットカードの支払えない感じたときは、まずは返済額がいくらなのかをチェックしましょう。

返済額がいくらで、いくらまでなら用意できるかを知ることで次の対策が考えられます。

また、最初は支払えないと思い込んでいても、実際に明細を見てみたらそうでもなかったということも良くあることです。

具体的な請求額については、利用しているカード会社のホームページで確認してみましょう。引き落とし予定日と利用額の詳細を確認できるはずです。

ボーナス一括払いに変更できるか確認する

クレジットカードが支払えないということは手元にお金がないと言うことです。それでは、ボーナス一括払いに変更できないか確認してみましょう。

これにより、支払いの先延ばしできるので便利ですよ。また、ボーナス一括払いにすると、金利や手数料が無料になるので大変お得です。

とは言うものの、全てのクレジットカード会社で利用できるわけではないので注意が必要です。

ちなみに、契約時にボーナス払いに設定していなくても、途中変更ができる場合はあります。利用条件等は、利用中のカード会社のホームページをご確認ください。

リボ払いに変更できるか確認する

利用中のクレジットカード会社にボーナス払いがなかったり、そもそもボーナスの無い会社に勤めているため支払えないという人は、リボ払いを検討してみましょう。

リボ払いは、一括払いとは異なり、毎回同じ金額を返済していく方法です。

そのため、リボ払いに変更することができれば毎月の返済額を抑えることができるので、とりあえずは支払えないというピンチを乗り切る上で有効です。

ただし、リボ払いにすると毎月に金利は元金に乗っかってきます。

さらに、リボ払いにすると言うことは、毎月に返済額が減ることになるので、当然元金が減っていくペースも遅くなります。

このように、リボ払いは便利な反面デメリットもありますので、途中でお金に余裕が出てきたら、支払い方法を元に戻すことも頭に入れておいた方が良いでしょう。

クレジットカード会社に連絡する

ボーナス払い、リボ払いにしても支払えない場合は利用中のクレジットカード会社に連絡してください。

何かしらの具体的なアドバイスや、次のアクションを提示してくれるはずです。

クレジットカードの電話番号は、毎月送られてくる請求書や、クレジットカードの裏面に記載されているので、まずは電話してみましょう。

素直に支払えない現状をお話すれば、優しく相談に乗ってくれますのでご安心ください。

ちなみに、電話口で対応してくれる人はクレジットカード会社のコールセンタースタッフであるケースが大半です。

そのため、いきなり怒り口調でくることもありません。もし電話する際は、いつまでにいくら返済でいるかをイメージしておくと話がスムーズに進むでしょう。

どうしても支払えない場合のお金の調達方法

クレジットカードには、ボーナス払いやリボ払いの機能があるので、これらの機能を使うことで解決できる場合もあるかと思いますが、中にはどうしても支払えないという人もいるでしょう。

そのような人がお金を調達するには、主に以下の2点が挙げられます。

  • 金利の低いカードローンを探してとりあえず借りる
  • 家族や身内に相談する

自分でどうしても支払えないのであれば、他者に頼るしかありませんね。

金利の低いカードローンを探してとりあえず借りる

クレジットカードがどうしても支払えないという人は、金利の低いカードローンを探してみましょう。

銀行系のカードローンであれば、かなり低金利で貸してくれるケースが大半です(審査は厳しいですが)。

クレジットカードの返済も借金に変わりはありませんので、放置してしまうと後々大変なことになります。

そのため、一時凌ぎのような形にはなるかもしれませんが、別のカード会社(クレジットカード会社・消費者金融・銀行)に借りて返済するという手も一つです。

それに、金利の低いカード会社で借りることができれば、リボ払いより低い金利で借りることができるかもしれません。

ただし、借金を借金で返済するとう流れは借金地獄への第一歩にもなりかねませんので、一時凌ぎということを忘れずに、新たな借入先はすぐに完済してしまうようにしましょう。

計画的に利用することを忘れてしまうと、借金が癖になってしまい、最終的には自分の力ではどう足掻いても支払えないという状態にもなりかねません。

家族や身内に相談してみる

クレジットカードが支払えないときの、お金の調達方法として、最も理想的になのは家族や身内に借りることです。

カード会社から借りれば利息がつきますし、返せなければブラックリストに載ってしまうかもしれません。何より、借金癖がつくというのが一番の問題です。

このような事態を避けるためにも、本来であれば家族や身内に借りるのが理想的になのです。

家族や身内に借金のことを相談しづらいかもしれませんが、その言いづらさ故に、もう二度と借金するのはやめようと心に誓うきっかけにもなります。

もちろん、家族や身内とは言え、借金は借金です。

真摯な態度で相談し、いつまでにいくらなら返済できると返済計画をしっかりとお話してください。

誠意のある態度が伝われば、身内であれば用立ててくれる可能性が高いのではないでしょうか。

ちなみに、もし用立ててもらえたのであれば、約束通りにしっかりと返済していってくださいね。家族や身内の信頼を損なうことほど悲しいものはありませんので。

いくら返済に困ってもやってはいけないこと

クレジットカードが支払えないで困っている人は、何とかお金を工面しようと考えているので、冷静さを欠いているケースがほとんどです。

のような状態だと、やってはいけないこともやりかねません。特に以下のような行為にはご注意ください。

  • クレジットカードを現金化すること
  • 居酒屋などの支払いを代わりに行い現金化する

クレジットカードの現金化は色々なサイトでお勧めしていたりもしますが、実際には違法性も孕んでいるのでお勧めできません。

支払いを代わりに行って現金化する行為も、結局後で払わなければいけないので根本的に何も解決していません。

クレジットカードを現金化すること

クレジットカードの現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を現金化する行為です。

クレジットカードの現金化業者がおり、指定の商品を購入させて、業者の手数料を差し引いた形で買取ります。

一見便利なようにも思えますが、この行為はクレジットカードの会員規約に違反しているため、バレるとカードが利用停止になってしまいます。

それだけでなく、犯罪やトラブルに巻き込まれるケースも少なくありません。

何故、違法性が問われるのかと言うと、もし業者の手数料が20%だった場合、1ヶ月の利息が20%という考え方と同じになり、他のカード会社と比較しても明らかに高金利ということになります。

それに、クレジットカードを現金化したところで、支払えない状態は変わりませんし、さらには業者の手数料も踏まえて考えれば、ただ単に高利貸しで借金したことと変わらないとも言えます。

このように、クレジットカードの現金化をしたところで何もいいことはありませんのでやめておきましょう。

居酒屋などの支払いを代わりに行い現金化する

居酒屋などで会計をする際に、友人の代わりに支払いをして現金化するという方法も考えられます。

しかし、これも結局クレジットカードを支払えない状態は何も変わりなく、ただ先送りしているだけに過ぎません。

友人などの支払いをクレジットカードで立て替える行為は、一見するとポイントも溜まって効率的に得したような気分になるかもしれませんが、コレが癖になるとより一層さクレジットカードが支払えない状況になりかねません。

このような方法を繰り返していると、借金で借金を返済していくという自転車操業状態に陥り、結果的に借金地獄に陥るキッカケにもなり得、自分で自分の首を絞める結果となりますのでやめておきましょう。

最終的には自分の生活を見直すしかない

クレジットカードが支払えない人というのは、自分の身の丈以上にショッピングやキャッシングをしていると考えられます。

クレジットカードは手元に現金が無くてもショッピングができるので、気が大きくなってしまい、ついつい自分のお財布のように考えてしまいがちですが、このような思考ではいつか深い落とし穴に落ちてしまうでしょう。

ポイント目的などで計画的に使える人は良いですが、そうでない人は基本的にはクレジットカードは持たないほうが良いと言えるでしょう。

ただ単にカードでお買い物がしたいという人はデビットカードを使ったほうが賢明かもしれません。

いずれにしても、クレジットカードが支払えないのに、生活水準を下げられずにクレジットカードを使いたい放題使ってしまっているのであれば、一度自分の生活スタイルを見直したほうがよいかもしれませんね。

ほとんどの借金問題は債務整理で解決できる

これまで、いくつか対処方法をご紹介してきましたが、これらの方法を用いても支払えないという人は債務整理を検討してみましょう。

債務整理は、クレジットカードなどが支払えない状態を法的に解決するための非常に有効な手段であり、債務整理で解決できない借金問題はほとんどありません。なお、債務整理には以下の4種類があります。

任意整理

カード会社と、あなたの和解をもとに進める手続きで、将来発生する利息や、遅延損害金をカットすることで返済の負担を軽くする。基本5年以内で返済する計画を立てる。

特定調停

ほぼ、任意整理と同じ内容だが、特定調停は簡易裁判所が仲裁する形で和解を進める。また、特定調停は過払い金請求を同時に進めることができない。基本5年以内で返済する計画を立てる。

個人再生

個人再生は、裁判所を通して行う手続きで、借金を20%まで減額した額と、100万円を比較して大きい方の額を3年以内に返済していく手続き(5千万円まで)。住宅ローンの返済を進めながら他の借金の返済も進めたい人に人気。

自己破産

借金をゼロにすることができる代わりに、財産(マイホーム、預金、株式など)が没収される。個人再生と同じく、裁判所を通して手続きを進める。

任意整理の具体的な効果

最も人気のある任意整理を例に解説してみましょう。

例えば、あなたが360万円を金利16%で借金しているとして、この状態で任意整理を行うと、将来発生する利息をカットすることができるので、元本の360万円を5年で返済すればよくなるわけです。

毎月の返済額は360万円÷60ヶ月=6万円ですね。

ちなみに、もし任意整理をせずに360万円(金利16%)を5年で返済していこうとすると、最低でも87,545円が必要です。

つまり、利息だけで1,652,700円余計に支払うことになるわけです。

任意整理をすれば、この1,652,700円をカットすることがでいるので、当然毎月の返済額や返済回数も減らすことができ、返済の負担が軽くなるのです。

個人再生は元本自体を大幅に減額

個人再生も人気の手続きです。

例えば、あなたの借金が500万円であれば100万円まで減額することができますし、1500万円だとしても、300万円まで減額することが可能です。

任意整理では、利息のカットがベースとなりますが、個人再生は利息にプラスして元本までもが大幅に減額できるのです。

債務整理のデメリット

このように、債務整理は借金が支払えない方にとっては大変有効な手続きなのですが、そのメリットの一方、デメリットも存在します。

上記4種類全ての債務整理に共通するデメリットとしては、ブラックリストに載るという点が挙げられます。

ちなみに、ブラックリストに載るという表現は俗称で、実際には信用情報機関に事故情報(債務整理をしたという事実)が載ることを指しています。

ブラックリストに載ると、手持ちクレジットカードが使えないだけでなく、新たにクレジットカードを作ることもできません(審査に通らないため)。

とは言うものの、ブラックリストは手続きからは5~10年経過すれば解除されますし、その間はクレジットカードの代わりにデビットカードを持つことで補うことも可能です。

債務整理は借金の利息や元本をカット、または減額できる大変有効な手続きです。

もし、あなたがクレジットカードが払えずに困っているのであれば、債務整理を検討してみると良いでしょう。債務整理をすることで、あなたの借金問題は着実に解決へと進んでいくはずです。

まとめ

  • クレジットカードは支払えないときは、まず利用明細などで返済額を確認し、次にボーナス払い変更、リボ払い変更を確認。それでも支払えない場合はカード会社に連絡する。
  • クレジットカードがどうしても支払えない場合は、金利の低いカード会社で借りるか、家族や身内に相談してみる。
  • クレジットカードの支払えない状態でも、クレジットカードの現金化や友人の代わりにクレジットカードで支払って現金化する行為はやってはいけない。
  • 着実に借金問題を解決したいのであれば債務整理を検討したほうが良い。

【名古屋】債務整理相談室では
無料相談実施中!!

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)の無料相談・ご依頼は以下よりお電話・メールにて承っております。メールの場合は24時間受けつけておりますので、お気軽にご利用ください。

電話受付は下の番号をクリック

0120-150-043

受付時間 平日 :9時~21時
土日祝:9時~18時
※夜間・土日祝相談可
定休日 12月31日~1月3日
※また、大型連休中の休業や臨時休業もございますので、詳細は心グループニュースをご覧ください。
住 所 弁護士法人心(本部)
〒453-0015
名古屋市中村区椿町14-13 ウエストポイント7F

弁護士法人心名古屋みなと法律事務所
〒455-0055
名古屋市港区品川町2-1-6 イオンモール名古屋みなと4F

関連記事

電話相談ダイヤル 0120-150-043
債務整理の無料メール相談

メニュー

債務整理
任意整理
自己破産
過払い金

運営事務所

弁護士法人心(本部)
〒453-0015
名古屋市中村区椿町14-13
ウエストポイント7F

弁護士法人心(本部)の地図

弁護士法人心名古屋みなと法律事務所
〒455-0055
名古屋市港区品川町2-1-6
イオンモール名古屋みなと4F

弁護士法人心名古屋みなと法律事務所の地図

【相談無料】名古屋で債務整理経験豊富な弁護士なら【名古屋】債務整理相談室

受付時間:平日:9時~21時 / 土日祝:9時~18時

12月31日~1月3日は除く。また大型連休中の休業や臨時休業もございます。

0120-150-043 お問い合わせ
© 2020 【名古屋】債務整理相談室
弁護士法人心(愛知県弁護士会所属) 代表弁護士 西尾有司