【相談無料】名古屋で債務整理経験豊富な弁護士なら【名古屋】債務整理相談室

受付時間:平日:9時~21時 / 土日祝:9時~18時

12月31日~1月3日は除く。また大型連休中の休業や臨時休業もございます。

0120-150-043 お問い合わせ

【名古屋】債務整理相談室

運営:弁護士法人心

0120-150-043
メールお問い合わせ

【名古屋】債務整理相談室TOP >  債務整理 >  債務整理で督促を止められる?

借金返済の督促を債務整理で止める方法

  • 「債務整理すると借金返済の督促を止められる?」
  • 「債務整理で督促がストップする!?」

借金を滞納すると、クレジットカード会社や消費者金融、銀行といった貸金業者から督促の電話やメールが来ます。

借金の滞納期間が長くなると督促の頻度も上がるため、電話がかかってくる度に気が気じゃないという方も多いでしょう。

そこでおすすめしたいのが、債務整理です。

弁護士に依頼して債務整理すれば、貸金業者からの督促をすぐに止められます。

さらに、借金問題を解決することができるため、まさに一石二鳥といえるのです。

今回は、債務整理で督促が止まる理由や、債務整理の効果、弁護士への依頼費用などについて解説します。

0120-150-043 お問い合わせ

債務整理で借金返済の督促は止められるのか?

借金催促

債務整理で督促をすぐに止めたい場合は、弁護士に手続きを依頼しましょう。

債務整理とは

債務整理とは、借金問題を法的に解決するために国が作った制度です。

そのため、原則として誰でも利用することができます。

代表的な債務整理としては、「任意整理」、「個人再生」、「自己破産」が挙げられます。

それぞれの手続きの概要や減額効果などについては、後程詳しく紹介します。

債務整理すると督促が止まる理由

弁護士は債務整理を依頼されると、すぐに貸金業者に対して受任通知を送ります。

「受任通知」とは、「弁護士があなたの代わりに債務整理の手続きを受任した」ことを知らせる通知のことです。

また、貸金業者が受任通知を受け取った時点から、あなたに対する督促行為が法的に禁止されます。そのため、あなたへの督促はストップし、借金の返済も一時的にストップすることになるのです。したがって、電話や手紙での督促をはじめ、メールやFAXといったすべての連絡手段での督促が禁止されます。

弁護士に正式に債務整理の手続きを依頼すると、その日のうちにFAXか郵送で受任通知を送るのが一般的です。

よって、FAXであれば当日、郵送でも数日以内には督促は止まるでしょう。

自分で債務整理を行った場合

債務整理は自分で手続きを行うことも可能です。

しかし、督促が止められなかったり、督促が止まるまでの期間が長くなったりします。

弁護士に債務整理を依頼した場合には、前述した受任通知の効果ですぐに督促がストップしますが、自分で手続きを行う場合には貸金業者に受任通知が送られないため、督促が止まることはありません。

たとえば、任意整理の手続きは早くても3ヶ月程度かかるのですが、この間も借金の返済が滞っていれば、督促は続きます。

さらに、金融のプロである貸金業者と対等に交渉するのは非常に困難であるため、交渉がうまくいかない場合は手続きの期間が長くなりますし、思ったような条件で債務整理がまとまらない可能性も高いでしょう。

そのため、債務整理をあなた自身が行うのは、非常にリスキーといえます。

闇金業者からの督促も債務整理で止められるのか?

ここまでの説明で、違法な利息でお金を貸す貸金業者である、いわゆる「闇金業者」からの督促も債務整理すれば止まると思われるかもしれません。

しかし、闇金業者の督促は債務整理しても止まらない可能性が高いでしょう。

なお、弁護士に依頼した場合でも、それは同じです。

そもそも違法行為であると分かっていながら高利率で貸付を行う闇金業者が、弁護士の言うことをまともに聞くわけはありません。

そのため、闇金業者の督促をストップしたい場合は、闇金業者に強い弁護士事務所や警察などに相談するのが得策です。

とはいえ、闇金業者からは絶対に借金をしないようにするのが一番なのは、言うまでもありません。

督促が止まるだけでなく借金問題の解決もできる債務整理

債務整理することで借金問題を根本的に解決できれば、督促の悩みからも解放されるでしょう。それぞれの債務整理の概要と効果について紹介します。

任意整理

任意整理とは、債権者に任意の交渉に応じてもらうことで、将来的に発生する利息や遅延損害金をカットして、残った借金の元本を3年~5年程度の分割払いにしてもらうよう合意する債務整理です。

任意整理は裁判所を介さない債務整理になるため、比較的スムーズに手続きが行え、早ければ3ヶ月程度で終了する場合もあります。

任意整理すると、利息などがカットされ分割払いになるため、毎月の借金返済の負担を大きく減らせる点がメリットです。

たとえば、消費者金融などから借りた300万円の借金(利息18%の場合)を、3年で完済しようとすると、

毎月の返済額:約10万8,000円
利息:約90万円

となるため、完済しようとすると毎月11万円程度の返済を3年間続ける必要があります。

いっぽう、300万円の借金を任意整理して3年間(36回)で完済しようとした場合は、

・毎月の返済額:約8万3,000円
・利息:¥0

となり、毎月の返済額を2万5,000円ほど減らすことができるのです。

さらに、貸金業者と5年返済で和解できた場合には、毎月の返済額を5万円に抑えることもできます。

個人再生

個人再生とは、裁判所に申立てすることで借金を1/5~1/10程度まで減額してもらい、その残りを原則3年間(最大5年間)で返済できれば、完済扱いにしてもらえる債務整理です。

また、「住宅ローン特則」と呼ばれる、借金を減額してもらいながら住宅ローンが残った持ち家を手元に残せる制度が利用できます。

個人再生のメリットは、何といっても借金の元本自体を大幅に減らせる点です。

たとえば、1,000万円の借金を個人再生すると、最大で1/5の200万円まで減額してもらえる可能性があります。

ただし、個人再生は裁判所を介する手続きであるため、厳格なルールに則った手続きが必要です。

そのため、手続きの期間が任意整理よりも長くなり、4ヶ月~6ヶ月程度かかります。

自己破産

自己破産とは、「破産」と「免責」という2つの手続きを行う債務整理です。

破産手続とは債務者が保有する財産を清算して、債権者に配当する手続きで、免責手続とは裁判所に借金が支払い不能状態と認められることで借金の支払いを免除してもらえる手続きとなっています。

自己破産できれば借金の支払いが免除されますので借金問題を根本的に解決することができますが、ほとんどの財産を失うというデメリットもあるのです。

ただし、自己破産は借金の支払いを免除するため、債権者側が被る不利益が非常に高くなります。

そのため、生活は厳しくなるがギリギリ借金を返済できる程度では、借金が返済不能状態とはみなされません。

また、手続きも非常に複雑で長くかかります。

よって、財産をまったく持たない方であれば3ヶ月程度で終了するケースもありますが、一般的には半年~1年程度かかることが一般的です。

債務整理の弁護士への依頼費用

最後に、それぞれの債務整理を弁護士に依頼した場合の、費用相場を紹介します。

任意整理にかかる弁護士費用

任意整理の弁護士費用は、

・着手金:2~4万円/債権者
・減額報酬:減額分の10%

程度が相場です。「着手金」とは弁護士に自己破産の手続きを依頼した際に支払う費用で、「減額報酬」は債権者と交渉した結果、どの程度借金を減額できたかによって支払う費用になります。

つまり、借金をしている貸金業者の数と、利息や遅延損害金をどれくらいカットできたかによって費用が異なるわけです。

また、事務所によっては、相談料が別途必要になるケースもあります。

その場合、5,000~10,000円程度の費用が必要です。

しかし、最近は相談料を無料にしている事務所も多いため、事前に確認してみるのがよいでしょう。

個人再生における弁護士費用

個人再生の手続きを弁護士にお願いした際の費用相場は、30万円~50万円程度です。裁判所を介するため、手続きが複雑になるという理由から、任意整理に比べるとかなり高額な費用になってきます。

自己破産にかかる弁護士費用

自己破産の手続きを弁護士にお願いした場合、費用相場は20~50万円程度です。費用の内訳は、以下のようになっています。

・着手金:20万円~30万円
・成功報酬:0~20万円

なお、「成功報酬」とは、裁判所に免責許可決定が受けられた際に支払う費用のことです。

個人再生と自己破産では裁判所への予納金も必要

個人再生と自己破産は、裁判所を介する債務整理であるため、裁判所への予納金(費用)が別途必要になります。

ただし、裁判所を介さない手続きである任意整理の場合には、予納金は必要ありません。

個人再生の裁判所への予納金は、2万4,000円~3万程度が相場で、個人再生委員が選任された場合は追加で15万円ほど必要になります。

「個人再生委員」とは、裁判所が選任する債権者の手続きを指示、監督してサポートするスタッフのことです。

ただし、地域によっては弁護士が手続きを行う場合であれば、個人再生委員が必要ないケースも多くなっています。

いっぽう、自己破産の手続きに必要な裁判所費用は、財産を持つ方が行う「同時廃止」という手続きと財産を持つ方が行う「管財事件」という手続きで大きく異なります。

同時廃止では2~3万円程度、管財事件の場合は50万円~が相場です。

なお、管財事件にかかる裁判所費用は、借金額と債権者の数によって大きく異なってきます。

まとめ

  • 弁護士にお願いして債務整理すれば、督促は止められる
  • 弁護士が債権者に送る「受任通知」には、法的に督促を止める効果がある
  • ただし、闇金業者の督促は止まらない可能性が高い
  • 自分で債務整理を行った場合は、督促は止まらない
  • 債務整理することで借金問題を法的に解決することも可能

【名古屋】債務整理相談室では
無料相談実施中!!

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)の無料相談・ご依頼は以下よりお電話・メールにて承っております。メールの場合は24時間受けつけておりますので、お気軽にご利用ください。

電話受付は下の番号をクリック

0120-150-043

受付時間 平日 :9時~21時
土日祝:9時~18時
※夜間・土日祝相談可
定休日 12月31日~1月3日
※また、大型連休中の休業や臨時休業もございますので、詳細は心グループニュースをご覧ください。
住 所 弁護士法人心(本部)
〒453-0015
名古屋市中村区椿町14-13 ウエストポイント7F

弁護士法人心名古屋みなと法律事務所
〒455-0055
名古屋市港区品川町2-1-6 イオンモール名古屋みなと4F

関連記事

電話相談ダイヤル 0120-150-043
債務整理の無料メール相談

メニュー

債務整理
任意整理
自己破産
過払い金

運営事務所

弁護士法人心(本部)
〒453-0015
名古屋市中村区椿町14-13
ウエストポイント7F

弁護士法人心(本部)の地図

弁護士法人心名古屋みなと法律事務所
〒455-0055
名古屋市港区品川町2-1-6
イオンモール名古屋みなと4F

弁護士法人心名古屋みなと法律事務所の地図

【相談無料】名古屋で債務整理経験豊富な弁護士なら【名古屋】債務整理相談室

受付時間:平日:9時~21時 / 土日祝:9時~18時

12月31日~1月3日は除く。また大型連休中の休業や臨時休業もございます。

0120-150-043 お問い合わせ
© 2020 【名古屋】債務整理相談室
弁護士法人心(愛知県弁護士会所属) 代表弁護士 西尾有司