【相談無料】名古屋で債務整理経験豊富な弁護士なら【名古屋】債務整理相談室

受付時間:平日:9時~21時 / 土日祝:9時~18時

12月31日~1月3日は除く。また大型連休中の休業や臨時休業もございます。

0120-150-043 お問い合わせ

【名古屋】債務整理相談室

運営:弁護士法人心

0120-150-043
メールお問い合わせ

【名古屋】債務整理相談室TOP >  債務整理 >  債務整理とは?あなたに適しているのは?

債務整理とは借金を解決するための法的手段

  • 「債務整理とはどのような手続きなのだろう?自分でもできるのかな?」
  • 「どの債務整理を選べばいいのだろう?」

借金で首が回らないと生活は本当につらいものになってしまいます。だからこそ、借金問題はできるだけ早期に解決して、楽な生活を取り戻したほうが良いと言えます。

もしあなたが借金問題で苦しんでいるのであれば、債務整理が最も効率的な解決方法であるといえるでしょう。

ただし、債務整理とは4種類の手続きから成り立っているので、どの債務整理があなたに適しているのかを見極めることが先決です。

そこで今回は、債務整理とはどのような手続で、どのような種類があるのかについてお話していきましょう。

0120-150-043 お問い合わせ

債務整理とは?

債務整理

債務整理とは、借金問題を法的に解決するための手段で、利息をカットしたり、借金を減額したりすることで、あなたを借金生活から解放していきます。

「借りたものは返す」、この考え方が基本ではありますが、生活が破綻し、返したくても返せなくなってしまった人には救済措置が必要です。そのような行き詰った人が、新たに生活の第一歩を送るために作られた手段が債務整理で、現在の日本では債務整理で解決できない借金問題はありません。

また、債務整理とは、カード会社(クレジットカード会社、消費者金融、銀行)からの督促を止めることができる手続きでもあるので、取立てで悩まされている人にとってもメリットが大きいはずです。

具体的には「受任通知」を弁護士や司法書士がカード会社に送り、カード会社は受任通知を受け取ったら直接あなたに取り立てることができなくなるのです。

全てあなたとのやりとりは、カード会社を通さなければいけなくなるわけですね。もし、カード会社がこの規約を破ったら、懲役や罰金、業務停止や免許取り消しなどの行政処分をうける可能性があります。

なお、債務整理とは以下の4種類で成り立っています。

  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産
  • 特定調停

どの方法も一長一短があり、あなたの借金額や生活環境によって適した方法が異なります。そして、もしあなたが以下のような状況でしたら、もう既に債務整理すべきタイミングにきています。

債務整理を検討するタイミング

  • 現状で返済が苦しい
  • 今月返済できなそう
  • 既に返済できず滞納している

上記のいずれかに当てはまる人は、なるべく早めに対処しないとどんどん悪い方向に行ってしまうでしょう。まずやるべきことはあなたに適した債務整理とは何か、これを知ることです。

4種類の債務整理について

債務整理には、任意整理、個人再生、自己破産、特定調停の4種類があります。

そして、それぞれにハッキリとした特徴がありますので抑えておきましょう。

特徴がわかれば、あなたに合った債務整理とは何であるか明確に分かってくるはずです。

任意整理とは?

任意整理とは、弁護士や司法書士が、あなたとカード会社(クレジットカード会社、消費者金融、銀行)の間に入って交渉し、借金の利息や遅延損害金をカットできる手続きです。

任意整理は、あなたとカード会社の「和解」によって進める手続きで、個人再生や自己破産とは手続きの進め方が異なります。

ちなみに、個人再生や自己破産は「和解」ではなく、裁判所を通した強制的な手続きとなります。

任意整理は利息をカットすることができるので、手続き後は元本だけを返済していけばよくなり、計画的に、着々と完済を目指していくことができるようになります。

具体的にイメージできるように、例を挙げましょう。

借金総額:360万円
利息:17.5%
毎月の最低返済額:約9万円

この場合、返済回数は61回となり、返済総額は549万円となります。つまり、利息だけで189万円となるわけです。

ここで任意整理をするとどうなるでしょう。

利息の189万円はカットされて返済不要となるので、結果的に元本の360万円だけを返済すればよいわけです。

ただし、任意整理は元本を最長5年で返済していく手続きなので、毎月の返済額は以下のようになります。

つまり、360万円÷60ヶ月(5年)=6万円

毎月6万円を5年間返済していけば完済というわけですね。

前例と比較すると、189万円も減額されるため、毎月の返済額も2万円も減り、返済回数も14回(1年2ヶ月)という差が出てくるのです。

また、借りた時期によっては過払い金請求(払いすぎた利息を取り戻す)ができる可能性もあるため、より一層効率的に借金を減額でいる可能性もあります。

任意整理はその他にもメリットがあります。

任意整理は、基本的に人にばれずに手続きを進められるのです。理由は「官報」という国の新聞のようなものにあなたの情報が載らないためです(個人再生や自己破産は官報に載ります)。とは言うものの、官報に目を通す人はごく限られていますので、この点についてはそこまで神経質にならなくてもよいかもしれませんが。

その他には、整理する借金を選択できるという点も大きなメリットです。

例えば、あなたが運送業を営んでいて、ローンで購入したトラックで配達しているとしたら、トラックを没収されたら生活できませんよね。

もし、整理する借金を選択できないと、必然的にトラックのローンを組んでいるカード会社も整理しなくてはいけなくなり、結果的にトラックを没収されてしまうのです。

そんな状況を回避したいときに、任意整理は効果的です。理由は整理する借金を選択できるので、トラックのローンは整理せず、他のローンだけ整理の対象にするという方法がとれるからですね。

また、この利点は、保証人つきの借金を抱えている人にとっても役立ちます。

もし、保証人つきのローンも整理の対象にしてしまうと、必然的に取立ての対象が保証人に移るからです。

そのため、保証人に迷惑をかけたくない人も任意整理を検討してみると良いでしょう。

まとめると、任意整理は以下のような人に適しています。

  • 利息や遅延損害金をカットできれば返済が楽になる
  • 借りたお金は返したい
  • 計画的に完済を進めたい
  • 整理する借金を選択したい
  • できるだけ人にばれるリスクを減らしたい

このように、任意整理には様々なメリットがある上に、債務整理の中で最もリスクの少ない方法であるため、最も人気の手続きです。

ただし、前述のとおり、任意整理は元本を3~5年で返済していく手続きなので、元本÷60ヶ月(5年間)の金額を毎月返済する自信の無い人には適していません。そのため、まずご自身の生活の収入と支出を書き出し、本当に返済していけるかどうかをイメージしてから手続きを進めるようにしましょう。

個人再生とは?

個人再生は任意整理とは違い、裁判所を通して行う手続きで、大きな減額効果を得られる手続きです。

具体的には、借金総額の1/5と100万円を比較して、大きいほうの額まで減額できるという手続きす。期間は3年間で、3年以内に完済できれば残りの借金は全額免除となります。

例えば、あなたの借金総額が300万円だった場合は、100万円まで減額することができますし、借金総額が2000万円だった場合は、400万円まで減額できるというわけです。

残った額を3年(36ヶ月)で返済していくので、ご自身の収入と支出を確認し、毎月返済ができそうであれば個人再生も検討してみましょう。

また、個人再生には「住宅ローン特則」という制度が設けられています。

個人再生はこの特則を利用することで、住宅ローンだけは特別扱いしてもらえます。

具体的には、住宅ローンの返済が一定期間滞ると一括返済を求められますが、その際に住宅ローン特則を利用することで一括返済を免れることができ、返済が遅れている元金と遅延損害金を分割払いにしてもらうことも可能です。

なお、住宅ローンの返済がどうしても難しい場合は、住宅ローンの支払い期限を延長してもらえたり、弁済期間中に限り、返済額を減額できる可能性もあります。

さらに、自己破産で免責が通らなかった人にも個人再生はお勧めです。

自己破産は借金を作った原因がギャンブルや遊興費であったりすると免責が通らないケースがあるのですが、個人再生は自己破産ほど借金を作った経緯や理由を問題としないからです。

まとめると、個人再生は以下のような人に適しています。

  • 住宅ローンの支払いを続けながら返済をしていきたい人
  • 任意整理の減額効果では返済が難しいが、財産が没収される自己破産はしたくない人
  • 安定収入があり、毎月確実に返済していける人
  • 自己破産では免責されない借金がある人

個人再生は大きな減額効果が得られる上、自己破産のように財産が没収されるわけでもなく、ある意味で債務整理の中では中間的な立ち位置にある方法です。

任意整理では完済が難しいという人は検討してみてもよいかもしれません。

自己破産とは?

自己破産は個人再生と同じく裁判所を通して手続きを行い、裁判所から免責をもらうことができれば借金をゼロにすることができる方法です。

ただし、借金と引き換えに財産を没収されるというデメリットがあるので注意ししょう。つまり、借金と財産を相殺するということですね。そのため、返済不能状態、つまり全く返せない状態である人に最適な方法といえます。

自己破産は以下のような人に適しています。

  • やむを得ない理由で仕事を失い、借金が返済できなくなってしまった人
  • 任意整理や個人再生では借金が解決できない人

自己破産は借金をゼロにできるというメリットの反面、デメリットも大きいので、どうしようもできなくなった時の最終手段というイメージで捉えていただければよいでしょう。

特定調停とは?

特定調停は任意整理と同じく、あなたとカード会社の和解によって進める手続きで、最長5年で元本だけを返済していくことができます。

任意整理と違う点は、手続きを進める際に弁護士や司法書士を介さずに、裁判所の調停委員があなたとの交渉を進めてくれるという点です。

弁護士や司法書士を通さないので、自分で裁判所に行き来して資料を提出したりする必要がありますが、費用を節約したい人にはお勧めの方法です。

特定調停は以下のような人に適しています。

  • 任意整理をしたいが、費用を節約したい人
  • 弁護士や司法書士に依頼を断られた人

事務所によっては、お金にならない依頼を断る場合もあり、任意整理の依頼を断られるケースもゼロではありません。そのような場合は、他の事務所をあたってみるか、特定調停を検討していると良いでしょう。

債務整理のデメリットについて

前述の内容から、債務整理とは借金問題の解決において、大きな力を発揮する手続きであるということがお分かりいただけたと思います。しかし、もちろんデメリットも存在します。どのようなデメリットが存在するのか、各債務整理ごとにご説明していきましょう。

任意整理のデメリット

  • 信用情報機関に事故情報(任意整理をしたという情報)が載ってしまう(期間は5年)
  • 減額効果が、他の債務整理と比較して少ない
  • 和解による手続きのため、カード会社が交渉に応じないと手続きが長引く

個人再生のデメリット

  • 信用情報機関に事故情報(個人再生をしたという情報)が載ってしまう(期間は5~10年)
  • 住宅ローンを減額することができない
  • 返済期間が3年間と短めに設定されている(特別な事情があれば2年延長も認められる)
  • 官報に個人再生をした記録が載る

自己破産のデメリット

  • 信用情報機関に事故情報(自己破産をしたという情報)が載ってしまう(期間は5~10年)
  • 財産を没収されてしまう(20万円以上の財産が対象)
  • 裁判所の免責許可自由に、借金をした経緯や理由が含まれている(ギャンブルや遊興費が利湯だと免責してもらえない可能性がある)
  • 官報に自己破産した記録が載る
  • 自己破産をすると一定の職業や資格は制限され、一時的に就けなくなる
  • 裁判所に申し立て後、一定期間は旅行や引越しに制限がかかる

特定調停のデメリット

  • 信用情報機関に事故情報(特定調停をしたという情報)が載ってしまう(期間は5年)
  • 住宅ローンを減額することができない
  • 過払い金請求を同時に進めることができない
  • 遅延損害金をカットできない(借金に2~3ヶ月分追加される)
  • 最長5年で必ず完済しないと借金が免除されない
  • 特定調停後に返済が滞ると、給料が足押さえられる可能性がある

全ての債務整理に共通のデメリット

各債務整理のデメリットをご紹介してきましたが、それぞれご覧いただくと、共通するデメリットがあることにお気づきでしょうか。

債務整理では、必ず信用情報機関に事故情報が載ってしまう手続きであるという点です。なお、このような状況は俗称で、「ブラックリストに載る」を表現されています。

ブラックリストに載ると、カードを新たに作れなくなったり、手元のカードも使えなくなったりします。なお、ブラックリスト入りする期間は債務整理ごとに異なります。

  • 任意整理、特定調停:5年
  • 個人再生、自己破産:5~10年

そのため、この期間を短くしたいという人は任意整理や特定調停を選択されたほうが良いといえるでしょう。ちなみに、ブラックリスト中はデビットカードや家族カードで補うという人もいらっしゃいますのでご参考まで。

各債務整理に要する平均的な期間

さて、それでは早速手続きを・・・といきたいところですが、手続きにどれくらい時間がかかるのかも知っておきたいポイントといえるでしょう。以下の期間を参考になさってください(実際には、依頼する弁護士や司法書士によって期間が異なります)。

任意整理

基本的には6ヶ月~12ヶ月の場合が多い。しかし、カード会社が和解に応じず、交渉が長引くと1年以上かかる場合もある。

個人再生

基本的には7ヶ月以上を要する。手続きが難航すると1年以上かかる場合もある。

自己破産

平均的には3ヶ月~6ヶ月で手続きが完了するケースが多い。場合によっては1年以上かかる場合もある。

特定調停

平均的に、2~3ヶ月で済む。

このように、債務整理とは、ある程度の期間を考慮しなければならず「すぐにスタート」、という訳にもいかないのです。

しかし、発想を変えれば、この期間は「準備期間」と考えることもできますね。

上記の交渉期間は、カード会社への返済を一旦全てストップさせることができるので、弁護士や司法書士への費用を支払う期間に充てることができるからです。

このように、プラス発想で、効率的に債務整理を進めていけば全てうまくいくことでしょう。

まとめ

  • 債務整理とは、借金問題を法的に解決するための手段で、基本的にはカード会社とあなたの間に弁護士や司法書士が入ることで交渉を進める
  • 債務整理とは、カード会社からの督促を止める効果も得られる手続き
  • 債務整理とは、任意整理、個人再生、自己破産、特定調停の4種類で成り立っており、それぞれにメリット、デメリットがある
  • 債務整理に共通のデメリットは、ブラックリストに載ること
  • 債務整理の中で人にばれる可能性が比較的高いのは、個人再生と債務整理
  • 手続きにようする期間は、任意整理、個人再生、自己破産は3ヶ月~1年、長くなると1年以上かかるが、特定調停は2~3ヶ月ほどで済む

【名古屋】債務整理相談室では
無料相談実施中!!

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)の無料相談・ご依頼は以下よりお電話・メールにて承っております。メールの場合は24時間受けつけておりますので、お気軽にご利用ください。

電話受付は下の番号をクリック

0120-150-043

受付時間 平日 :9時~21時
土日祝:9時~18時
※夜間・土日祝相談可
定休日 12月31日~1月3日
※また、大型連休中の休業や臨時休業もございますので、詳細は心グループニュースをご覧ください。
住 所 弁護士法人心(本部)
〒453-0015
名古屋市中村区椿町14-13 ウエストポイント7F

弁護士法人心名古屋みなと法律事務所
〒455-0055
名古屋市港区品川町2-1-6 イオンモール名古屋みなと4F

関連記事

電話相談ダイヤル 0120-150-043
債務整理の無料メール相談

メニュー

債務整理
任意整理
自己破産
過払い金

運営事務所

弁護士法人心(本部)
〒453-0015
名古屋市中村区椿町14-13
ウエストポイント7F

弁護士法人心(本部)の地図

弁護士法人心名古屋みなと法律事務所
〒455-0055
名古屋市港区品川町2-1-6
イオンモール名古屋みなと4F

弁護士法人心名古屋みなと法律事務所の地図

【相談無料】名古屋で債務整理経験豊富な弁護士なら【名古屋】債務整理相談室

受付時間:平日:9時~21時 / 土日祝:9時~18時

12月31日~1月3日は除く。また大型連休中の休業や臨時休業もございます。

0120-150-043 お問い合わせ
© 2020 【名古屋】債務整理相談室
弁護士法人心(愛知県弁護士会所属) 代表弁護士 西尾有司